ここから本文です

首位・広島の打線に大矢氏「バティスタが3番に…」

5/26(日) 8:00配信

ベースボールキング

 広島が11連勝で、2位・巨人とのゲーム差を3に広げた。

 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-中日戦』で解説を務めた大矢明彦氏は、「バティスタが3番に収まるようになって、打線が安定しましたよね。チームの打線が固まってきましたよね」と話す。

 バティスタは4月29日のヤクルト戦から3番を務め、同日から5月25日巨人戦までの3番打者の成績は、打率.341、10本塁打、21打点だ。24日の巨人戦では1試合2本塁打を放ち、25日の試合でも8回に第12号ソロをマークした。

 また、バティスタが3番に座ってからチームも16勝5敗1分と白星を伸ばしている。1番・野間、2番・菊池、3番・バティスタ、4番・鈴木の上位打線が機能しているといえそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

最終更新:5/26(日) 13:08
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事