ここから本文です

レッドブル・ホンダのガスリーに3グリッド降格のペナルティ。予選での他車妨害で

5/26(日) 2:12配信

オートスポーツweb

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーが、F1モナコGP予選で他者のアタックを妨害した疑いで審議された結果、ペナルティにより決勝グリッドを3位降格されることが決まった。

【関連写真】2019年F1第6戦モナコGP ガスリーのチームメイト、フェルスタッペンは予選3番手を獲得した

 ガスリーは、Q2においてターン4で不必要に低速で走行し、ロマン・グロージャンのアタックを妨げた疑いがあるとして、予選後に調査が行われた。ガスリーとグロージャン、それぞれのチーム代表者の説明を聞き、ビデオなどの証拠を検証した結果、スチュワードは、ガスリーにペナルティを科すことを決めた。

「10号車(ガスリー)は(予選アタックへの)準備ラップ中に、レースライン上を低速で走行しており、8号車のドライバー(グロージャン)は彼との接触を避けるために急ブレーキをかけなければならなかった」とスチュワードの声明には記されている。

「この時点で、このエリアにおいてファストラップを走っているのは8号車のみであり、コーナーが連続するなかで、10号車のドライバーが8号車に気付く機会がなかった可能性が高いことをスチュワードは受け入れる。しかし、チームは(ガスリーに対して)警告を与えなかったことを認めた。そのためスチュワードは10号車は不必要に8号車を妨害したと決定づけ、3グリッド降格のペナルティを与え、過去の例にならってペナルティポイント1を科した」

 ガスリーは予選5番手を獲得しており、ペナルティを受けた結果、8番グリッドからのスタートになる見込み。

 なお、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィも、Q1でルノーのニコ・ヒュルケンベルグのアタックラップを邪魔したと判断され、3グリッド降格のペナルティを受けた。ジョビナッツィは予選15番手だった。

 予選中の重量測定を無視しかけてすぐに戻ったシャルル・ルクレール、セルジオ・ペレス、ヒュルケンベルグについても審議されていたが、いずれもペナルティは科されなかった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/26(日) 2:14
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事