ここから本文です

ホンダがSUGOでもライバルを圧倒。高橋巧が2戦連続ダブルウイン/全日本ロード第3戦レース2

5/26(日) 16:15配信

オートスポーツweb

 全日本ロードレース選手権JSB1000クラスは5月26日、スポーツランドSUGOで第3戦の決勝レース2が行われ、高橋巧(Team HRC)が優勝。第2戦鈴鹿に続きSUGOでもダブルウインを達成し、4連勝を挙げた。

【画像】2戦連続でダブルウインを達成した高橋巧とチームを率いる宇川徹監督

 2レース制で開催されている全日本ロード第3戦SUGO。前日に行われたレース1は高橋が独走で優勝。2位は中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、3位は野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)という結果だった。

 決勝レース2は、レース1と同じく25周で争われる。グリットは予選のセカンドベストタイムで決まり、高橋がポールポジションを獲得。2番グリットは野左根、3番グリットは中須賀というフロントロウに。朝9時30分から15分間行われたウォームアップ走行では高橋が1分26秒154をマークしてトップとなり、レース1からの好調を維持していた。

 決勝日のスポーツランドSUGOは快晴。手元集計で気温は30度と真夏のような日差しが照りつけた。路面温度も高いと思われるコンディションで15時からレース2がスタートした。

 スタートでホールショットを決めたのはポールスタートの高橋。好スタートを決めた渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)が2番手、岩戸亮介(Kawasaki Team GREEN)が3番手、水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)が4番手に浮上する。

 2番手からスタートした野左根は5番手に後退。3番手スタートの中須賀は6番手に下がったが、1周目のシケインで野左根を交わして5番手に浮上した。

 1周目を終え、水野が1コーナーで岩戸をとらえて3番手に浮上。さらに前を走る渡辺一馬も交わして2番手に上がる。

 3周目を終えた時点でトップ高橋と2番手水野のギャップは約3秒に広がった。4周目に入ると後方から追い上げた野左根がヘアピンで水野を捕えて2番手浮上。その後方から迫った中須賀もハイポイントコーナー付近で水野を交わして野左根を追う。

 ヤマハファクトリーの2台に抜かれた水野だが、その後は大きく離されることなく、中須賀の後ろに1秒以内の差で食らいつく。

 10周目を終え、高橋は2番手を走る野左根との差を4秒683に広げた。一方、野左根を先頭とした中須賀、水野による2番手争いは14周目以降、中須賀と水野の差が徐々に広がる状況に。2番手争いは野左根、中須賀の2台となる。

 19周目に入ると3番手の中須賀が1コーナーで野左根を交わして2番手を奪取。これに負けずと野左根、20周目の馬の背で中須賀のインを捕えるも、中須賀がこれをブロックしてポジションを守った。

 トップ独走の高橋と2番手中須賀のギャップは20周目を終えた時点で4秒差と序盤から大きく変わらない。

 21周目、野左根がシケインで再び中須賀に仕掛けるも交わすことができず。このバトルで中須賀と野左根の差が広がった。

 トップ高橋がファイナルラップに入るとそのままチェッカー。レース1と同じく1度も先頭を譲ることなく4連勝。2戦連続でダブルウインを果たした。

 中須賀は終盤でペースを上げて高橋とのギャップを3秒445に縮めたが捕えるまでにはいたらず2位でチェッカー。野左根は中須賀から3秒429差の3位でフィニッシュした。

 中盤までヤマハファクトリーの2台に食らいついた水野は、終盤に後方から追い上げてきた渡辺一馬、渡辺一樹(ヨシムラスズキMOTUL)と激しい4番手争いを展開。何度か順位が入れ替わるなか、最後はポジションを守り切って4位で終えている。

 全日本ロードレース第3戦SUGOのレース2順位結果は以下の通り。

■全日本ロードレース選手権第3戦SUGO
JSB1000クラス決勝レース2順位結果(25周)
Pos./No./Rider/Team/Motorcycle/Type/TotalTime/Delay
1/13/高橋巧/Team HRC/ホンダCBR1000RR SP2/BS/36'21.938
2/1/中須賀克行/YAMAHA FACTORY RACING TEAM/ヤマハYZF-R1/BS/3.340
3/4/野左根航汰/YAMAHA FACTORY RACING TEAM/ヤマハYZF-R1/BS/6.769
4/634/水野涼/MuSASHi RT HARC-PRO.Honda/ホンダCBR1000RR SP2/BS/22.515
5/23/渡辺一馬/Kawasaki Team GREEN/カワサキNinja ZX-10RR/BS/22.585
6/26/渡辺一樹/ヨシムラスズキMOTUL/スズキGSX-R1000L9/BS/22.675
7/64/岩戸亮介/Kawasaki Team GREEN/カワサキNinja ZX-10RR/BS/28.648
8/75/前田恵助/YAMALUBE RACING TEAM/ヤマハYZF-R1/BS/33.109
9/090/秋吉耕佑/au・テルルMotoUP RT/ホンダCBR1000RR SP2/BS/44.832
10/44/関口太郎/Team ATJ/ホンダCBR1000RR SP2/BS/52.852
11/12/加賀山就臣/ヨシムラスズキMOTUL/スズキGSX-R1000L9/BS/56.050
12/18/津田一磨/Team Baby Face/ヤマハYZF-R1/BS/1'02.807
13/3/M.アチソン/KRP三陽工業&RS-ITOH/カワサキZX-10RR/BS/1'04.298
14/95/生形秀之/エスパルスドリームレーシング/スズキGSX-R1000/BS/1'09.968
15/080/羽田太河/au・テルルMotoUP RT/ホンダCBR1000RR SP2/BS/1'20.147
16/46/星野知也/TONE RT SYNCEDGE4413/BMW・S1000RR/PI/1'20.405
17/36/今野由寛/Moto Map SUPPLY/スズキGSX-R1000R/BS/1'26.024
18/87/柳川明/will-raise racingRS-ITOH/カワサキZX-10RR/BS/1'29.119
19/85/中冨伸一/HiTMAN RC甲子園ヤマハ/ヤマハYZF-R1/DL/1 Lap
20/30/須貝義行/チームスガイレーシングジャパン/アプリリアRSV4 RF/BS/1 Lap
21/70/清末尚樹/TEAM WITH 87 KYUSYU/カワサキZX-10RR/BS/1 Lap
22/71/津田拓也/TK SUZUKI BLUE MAX/スズキGSX-R1000/DL/4 Laps
-/19/濱原颯道/Honda Dream RT 桜井ホンダ/ホンダCBR1000RR SP2/BS/10 Laps(リタイア)
-/35/亀井雄大/Honda Suzuka Racing Team/ホンダCBR1000RR/BS/13 Laps(リタイア)


[オートスポーツweb ]

最終更新:5/26(日) 18:14
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事