ここから本文です

F1第6戦モナコGP予選トップ10ドライバーコメント(1)

5/26(日) 18:23配信

オートスポーツweb

 2019年F1第6戦モナコGP予選で6番手~10番手に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。

F1モナコGP予選、中団勢トップの6番手を確保したケビン・マグヌッセン

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
アレクサンダー・アルボン 予選=10番手

 初めて予選Q3に進むことができてうれしい。ただ、いいリズムを見つけられずに苦労した。木曜ほど好調ではなかった。
 予選セッションを通して、タイヤをうまく機能させるのに苦労し、それが走る上での自信にも影響した。セクター3のペースが悪いと、ターン1の時点でタイヤが冷えたままで、何が起こるか分からない状態でコーナーにチャレンジしなければならない。

 とはいえモナコで10番手という結果は喜んでいいと思う。この位置からならいい結果をつかめるはずだよ。

■マクラーレンF1チーム
カルロス・サインツJr. 予選=9番手

 またQ3に戻ってくることができてうれしい。大満足の予選だよ! FP1でほとんど走れず、FP3では適切なセットアップに仕上げられずに苦労した。でもうまく状況を好転させて、予選9番手で終えることができた。

 とてもいいラップを何周か走ることができた。順調に改善し続けて、ついに1分11秒4を出したんだ。今日の僕らにとっては、これが最大限のタイムだったと思う。

 僕はストリートコースでの予選が大好きだ。まだ仕事が終わったわけではないけれど、優れた分析をし、完璧な予選をしてくれたガレージの皆に感謝したい。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ダニール・クビアト 予選=8番手

 今日の予選にはとても満足している。エンジニアとの間で最高のチームワークを発揮できたと思う。
 木曜にマシンに不満を感じていた部分を具体的に探り、まさに僕が求めているものを彼らは提供してくれた。望みどおりのセットアップがなされれば、いいパフォーマンスを発揮できることは分かっていた。

 3戦連続でQ3に進出できた。今の自分のパフォーマンスに満足だ。今日の予選の好結果をうまく生かし、決勝でいい仕事をしてポイントを稼ぎたい。

■ルノーF1チーム
ダニエル・リカルド 予選=7番手

 木曜日に走り始めた時のポジションを考えると、この予選結果には満足できる。FP3の後にもマシンに思い切った変更を施し、それがうまく機能した。全力を尽くしたことが報われたんだ。

 今日僕らチームはしっかりと挽回を果たした。それを喜んでいいと思う。Q1からQ3まで、全体を通してうまくリズムに乗れていた。ここでは予選が大きな意味を持つので、そういったことがとても大切なんだ。

 明日は不確定な部分がレースを面白くしていくだろう。起きたら雨になっていても、僕はがっかりしないよ! でも、ウエットでもドライでも、準備はできている。

■リッチ・エナジー・ハースF1チーム
ケビン・マグヌッセン 予選=6番手
 とても良い予選だった。マシンが好調で、快適に走れたし、プッシュすることができたんだ。Q2ではウォールにキスしてフロントウイングにダメージを負って、そのことでチームの皆には大きなストレスをかけてしまった。でも彼らは頑張って修復し、僕をコースに復帰させてくれた。いいラップを走ってQ3に進出し、Q3でもまたいい走りをした。

 このコースで予選がいかに重要かはもちろん分かっているから、6番手という中団勢トップの位置を再びつかむことができて、ものすごくうれしい。ある意味、ポールポジションみたいなものだからね。

 僕だけじゃなく、チーム全体が完璧な仕事をした。チームの努力の結果だよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/26(日) 18:23
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事