ここから本文です

JR尾道駅がリニューアル! 「もはや目的地」な新駅舎には、魅惑的なテナントが目白押し

5/26(日) 12:36配信

Webマガジン コロカル

コロカルニュース

■リニューアルしたJR尾道駅は、見どころいっぱい!
2019年3月10日、JR尾道駅が約2年の工事期間を経て、ついにリニューアルしました! 

【写真で見る】テナントの中でも特におすすめなのは〈おのまる商店〉と〈食堂ミチ〉

1891年(明治24年)に駅舎が創設されて以来、約128年ぶりとなる建て替え。外観は瓦屋根や深い軒など初代駅舎のなごりを受け継いでいる一方で、内観は大幅にリニューアルされました。

新駅舎は、まちの風情を取り入れながら、尾道とともに成長していける駅を目指したそう。尾道をテーマにしたパントリーや食堂、ホステルなどのテナントも新たに参画し、「駅を目的地にしてもいいのでは……」と思えるほど素敵な空間に生まれ変わりました。

■気になるテナントとは……?

テナントの中でも特におすすめなのは〈おのまる商店〉と〈食堂ミチ〉。

〈おのまる商店〉はMade in ONOMICHIにこだわってセレクトされたパントリーで、海産物や尾道市御調町の米や野菜などが揃います。道の駅のように使うのも◎な、「地元の人も嬉しい」デイリーで通いたくなるお店です。さらに、尾道の市章をモチーフにした帆布バッグなどの雑貨やアパレル商品もあり。目移りすること必至です。

お腹がすいたら、〈せとうち巻き〉をどうぞ。広島菜とおかかが具材に入った〈江波巻き〉や、尾道商業高校の生徒さんのアイデアを商品化した〈尾商巻き〉など、季節ごとに変わる巻きおにぎりは絶品!

そして〈食堂ミチ〉は、「まず、まちの方に愛されるお店を」とつくられたご飯屋さん。割烹着にエプロン、三角巾姿で注文を取りにきてくれる店員さんにほっこりします。新しくできたお店なのに地元の方からは「どこから移転してきたの?」と言われるくらい、早速尾道のまちに溶け込んでいるようです。

最後に、驚くべきは駅構内に宿泊施設があること。これはJRでも珍しいことなんだそう。〈㎥ HOSTEL(エムスリー ホステル)〉は、尾道のまちを楽しむためのホステルとして、コンパクトなサイズ・必要最低限のミニマルさで快適な睡眠を提供。宿泊者専用ラウンジからはホームにすべりこんでくる電車や、尾道の山の手の景色をのんびり眺めることができておすすめです。

こうしたテナントやホステルを手がけたのは、〈ONOMICHI U2〉など建築でまちを盛り上げる地元企業〈TLB株式会社(旧:せとうちホールディングス)〉。長年、まちのハブとして愛されてきた旧尾道駅の歴史を引き継ぎつつ、現代にそぐう駅舎にアップデートするなら……と考えたとき、彼らに白羽の矢が立ちました。まちと駅、そして人々がさりげなくつながるように考えられたお店の数々。もはやさすがとしか言いようがありません。

まちに住まう人や観光で訪れる人が交差し、新たなにぎわいを生み出している尾道駅。せとうちエリアを旅する際の新拠点に、ぜひ一度お立ち寄りください!


writer profile
Saki Ikuta
生田早紀
いくた・さき●インディペンデントな広告会社『ココホレジャパン』の新米アシスタント。生まれも育ちもド田舎の27歳。やばい芋ねえちゃんとして青春時代を過ごす。その野暮さは現在も健在! さりげなく韻を踏むことが生業です。

【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

最終更新:5/26(日) 12:36
Webマガジン コロカル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事