ここから本文です

“フュージョン”トリオで合計4発!! 横浜FM、猛攻と演出で沸かせて磐田撃破

5/26(日) 14:57配信

ゲキサカ

[5.26 J1第13節 横浜FM4-0磐田 日産ス]

 J1リーグは26日、第13節を各地で行い、横浜F・マリノスがジュビロ磐田を4-0で破った。前半にはMFマルコス・ジュニオールが得点ランキング首位に並ぶ今季7点目を記録し、人気アニメシリーズ『ドラゴンボール』の融合技「フュージョン」パフォーマンスを披露。それに加わった2人も後半にそれぞれゴールを挙げる活躍を見せ、チームを2連勝に導いた。

 ホームの横浜FMは前節の神戸戦(○4-1)と同じスターティングイレブン。中盤の並びも開幕から取り組んできた逆三角形型ではなく、前節に続いて正三角形型の4-3-3となった。対する磐田は前節の仙台戦(○2-0)から1人を入れ替え、MF荒木大吾に代わってFWロドリゲスが入った。

 13時のキックオフで容赦ない直射日光が降り注ぐ中、主導権を握ったのは横浜FM。前半8分、DF和田拓也にアクシデントがあって10人で試合を進める時間帯もあったが、前半14分にはM・ジュニオールとFWエジガル・ジュニオのワンツーを起点にFW遠藤渓太が左サイドを切り込み、折り返しから和田が惜しいシュートを放った。

 さらに横浜FMは前半16分、E・ジュニオのパスを受けたFW仲川輝人が左足で狙うもGKカミンスキーがビッグセーブ。同23分ごろには1分間の飲水タイムが取られ、選手たちは積極的に水分補給を行った。磐田は同30分、MF松本昌也の右CKからゴール前で混戦攻撃をしかけたが、MF田口泰士のボレーシュートは枠を外れた。

 横浜FMは前半39分、DFティーラトンの縦パスからM・ジュニオールがつなぎ、E・ジュニオがフリーで狙ったが、またもカミンスキーに阻まれる。それでも同40分、敵陣でボールを奪取したM・ジュニオールがエリア内をドリブルで切り裂き、左足シュートで先制に成功。仲川と共に『フュージョン』ポーズで祝福し、間からE・ジュニオが誕生するという演出でスタジアムを沸かせた。

 ハーフタイムが明けても横浜FMのペースは変わらない。後半7分、M・ジュニオールのボール奪取から仲川にパスが渡り、ペナルティエリア内で後方から倒されるもPKを告げるホイッスルは鳴らず。同11分には左サイドを駆け上がった遠藤のクロスにE・ジュニオが頭で合わせたが、ボールは惜しくも枠を外れた。

 磐田は後半11分、FW中山仁斗に代わってFW小川航基を投入。すると、徐々にFWロドリゲスやMF山田大記のパスが前線に入るようになる。ところが後半14分、横浜FMは相手セットプレーのカウンターからM・ジュニオールが抜け出し、仲川に絶妙なラストパス。これを仲川が落ち着いて左足で蹴り込み、リードを2点に広げた。

 さらに後半18分、横浜FMはティーラトンのクロスがDF大井健太郎の腕に当たってPKを獲得。これをE・ジュニオが落ち着いて決めると、同29分には左サイドをえぐったMF扇原貴宏の折り返しに再びE・ジュニオが反応し、『フュージョン』で生まれ変わった背番号30が11試合ぶりの得点となる今季5ゴール目を記録した。

 横浜FMは後半34分、E・ジュニオと仲川に代わってMF天野純とコパ・アメリカの日本代表に選出されたMF三好康児を一気に投入。攻撃姿勢を緩めない采配で勢いを強めると、その後もシステムを3-4-2-1から4-4-2に変更した磐田を最後まで寄せ付けず、2試合連続となる4得点での2連勝を果たした。

最終更新:5/26(日) 18:52
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事