ここから本文です

神戸がビジャの技あり弾など大量4発で湘南に圧勝!!リーグ戦連敗を7でストップ

5/26(日) 16:59配信

ゲキサカ

[5.26 J1第13節 神戸4-1湘南 ノエスタ]

 J1第13節が26日に行われ、暫定16位のヴィッセル神戸はホームで10位湘南ベルマーレに4-1で勝利した。後半9分に元湘南のFWウェリントンが先制点を決めると、同28分にMF三田啓貴、同30分にFWダビド・ビジャ、同41分に再びウェリントンがゴールを奪取。湘南の反撃を1点にとどめ、リーグ戦8試合ぶりの白星を手にした。

 前節までリーグ戦7連敗、公式戦9連敗と長いトンネルから抜け出せずにいた神戸。前半から攻め込みながらも無得点の時間が続いたが、後半9分に均衡を破った。

 右サイドのDF西大伍がMF山口蛍とのワンツーでPA内右に抜け出し、右足でクロス。中央のウェリントンが右足で合わせると、GK秋元陽太の右手を弾いたボールがゴール左に吸い込まれた。

 後半28分には山口のパスをウェリントンが右足のヒールで流し、PA手前中央に走り込んだ三田がダイレクトで左足を一閃。強烈なシュートがゴール左下に突き刺さり、2-0とする。

 神戸の猛攻は止まらない。後半30分、左サイドに流れたボールを受けたビジャがドリブルでPA内左に運ぶと、対峙したDFフレイレを抜き切る前に右へ持ち出し、右足をコンパクトに振ったシュート。GK秋元も動けないゴール右の完璧なコースに決め、3試合ぶりとなる今季5得点目を挙げた。

 湘南は後半32分にFW武富孝介を下げ、Jリーグデビューとなる17歳FW若月大和を投入。神戸も同33分にビジャとの交代で、5試合ぶりの出場となるFWルーカス・ポドルスキを送り出した。

 後半41分にはポドルスキがPA内左からクロスを上げ、ファーのウェリントンが打点の高いヘディングシュートを叩き込む。

 ウェリントンの今季5点目で4-0とした神戸は後半45分に途中出場の湘南FW指宿洋史にヘッドで決められるが、4-1で逃げ切りに成功。敗れた湘南は2試合ぶりの黒星となった。

最終更新:5/26(日) 17:51
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事