ここから本文です

5Gの最初の5年に起こること

5/27(月) 8:00配信

TechTargetジャパン

 5Gが現実になろうとしている。2018年末、初の商用サービスが米国と韓国で開始された。この波は2019年にさらに広がり、今後数カ月のうちに英国を含む先駆的なヨーロッパ市場、中国、オーストラリア、中東で開始されるだろう。

 今後5年、つまり2023年末には世界88の市場で5Gネットワークが稼働すると予測している。5Gではモバイルブロードバンドのパフォーマンスが格段に強化される。最終速度は1Gbpsをはるかに超え、待機時間は非常に短くなる。

 利用者もこうした高速化を歓迎するが、5Gが最も大きな影響をもたらすのは産業界だ。本稿では5Gのさまざまな形態に目を向け、5Gが今後5年間の社会生活にどのような影響を及ぼすかについて考える。

 2019年2月に開催されたMWC(Mobile World Congress)において、5Gは幾つもの議題に取り上げられた。商用導入、パートナーシップ、多数のユースケースが発表され、デモンストレーションが行われた。5G対応スマートフォンが6機種発表され、「Galaxy Fold」や「HUAWEI Mate X」など「折りたたみ可能な」フォームファクターの最高級機種が話題をさらった。Xiaomi、LG Electronics、ZTEなども5G対応のスマートフォンを発表した。

 Appleはこれまで率先して新世代の技術を実験したことはなく、5Gでも同様の姿勢を見せる可能性が高い。初の5G対応「iPhone」は2020年になると期待されており、発売されれば5Gの普及は一気に進むだろう。

 ただし世代交代の長期化、端末が高価格に設定される可能性、そしてユースケースが一つも整っていない点を踏まえると、2022年までに5G機器が多くの先進国市場で総接続数の4分の1より多くを占めることはないと予想する。

 5Gスマートフォンが広く普及すれば、携帯電話事業者が多大な利益を得るのは間違いない。端末の高速化と機能増加により、データ使用量は今よりも格段に上がるだろう。Cisco Systemsは、世界のモバイルデータ使用率は2018年から2022年にかけて4倍に跳ね上がると予測している。携帯電話事業者は4Gでデータ中心のビジネスモデルに転換して通話とテキストメッセージサービスを無料提供し、使ったデータ量に基づいて課金することが多い。

 5Gの登場により、携帯電話事業者はデータ使用量の増加による収益増加を期待するため、この流れは続くとみられる。また携帯電話事業者がゲームやライブイベントを配信するために拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の使用を検討することも予想される。家庭以外では、5Gホットスポットがガソリンスタンドや信号機などに設置され、コネクテッドカーが大量のデータを素早くダウンロードすることが可能になる。

 5Gは非常に高速なので、一部の早期導入事例では高速固定無線アクセス(FWA)ソリューションとして位置付け、携帯電話事業者が家庭用ブロードバンド市場のシェアを光ファイバーと争うことを可能にする。5Gが世界中に普及するにつれ、FWAはこれまでブロードバンドが対応していなかった領域に広がり、これまで接続環境がなかった人々を接続する重要な役割を果たすことになる。

1/2ページ

最終更新:5/27(月) 8:00
TechTargetジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事