ここから本文です

「オトッペ」久野美咲&志田有彩が歌う新ED主題歌配信開始 6月に西島秀俊演じるゲストキャラ再登場

5/27(月) 8:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] NHK Eテレで放送中のテレビアニメ「オトッペ」から、DJシーナ(CV:久野美咲)と、新キャラクターのハナビート(CV:志田有彩)によるユニット「オードローズ」が歌う新エンディング主題歌「チャラ・ザ・ワールド」の配信が、iTunes Store、Google Play Musicほかでスタートした。オトッペ町役場公式YouTubeチャンネルでは、シーナとハナビートが歌い踊るミュージックビデオも公開されている。

 2017年に放送を開始した「オトッペ」は、身の回りの音を集めてDJプレイをすることが大好きで、世界一のDJを目指して旅をする少女・シーナと、さまざまな音から生まれたふしぎな生き物“オトッペ”たちが繰り広げる、ゆかいな日々を描くCGアニメ。オトッペ町役場公式YouTubeチャンネルも累計5400万回再生を突破している人気作で、番組公式アプリと連動したゲーム的要素を備える放送や、金属のオトッペ・メタルク役の千葉進歩や、風のオトッペ・ウィンディ役の井口裕香といった声優陣が演じるシュールなセリフ回しなどが特色となっている。

 「チャラ・ザ・ワールド」の配信開始を受けて、久野は「今回はクールなシーナになって歌わせていただきました。これまでとはちょっぴり雰囲気が違う、大人っぽいシーナたちを楽しんでくださいね!! ユニット『オードローズ』の今後の活躍をご期待ください♪」と呼びかけ、志田は「DJシーナと2人で歌うこの曲は、聞けば聞くほどやみつきになる、とっても面白いスルメ曲です! みなさんがこの『チャラ・ザ・ワールド』を気に入って、どんどん歌ってくれたら嬉しいです!!」と楽曲を紹介している。

 そのほか6月には、俳優の西島秀俊が演じる、ウィンディのいとこ・ウエスティが、18年10月放送回以来、久しぶりに再登場することも決定した。ウエスティは西から東へと旅を続ける西風のオトッペで、しばしば格好いい名言を口にするが、抜けたところもあるという役どころ。西島は「今回は“ウエスティの過去”が描かれていて、親友フレイミーとの出会いのシーンがあるのですが、フレイミー役の木内秀信さんは若い頃一緒に演技をしていた仲間なんです。木内さんは声優として大ベテランなので、すごくプレッシャーでしたが、ふたりで一緒に収録できて楽しかったです」と盟友との再会を喜びつつ、「ウエスティとフレイミーのふたりが、どんな学生時代を過ごしたかが分かりますので、放送をぜひ楽しみにしてください!」と視聴者に向けてアピールした。

最終更新:5/27(月) 8:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事