ここから本文です

松岡正海騎手、JRA通算11000回騎乗達成 1月に骨折も1ヶ月で復帰

5/27(月) 11:26配信

netkeiba.com

 松岡正海騎手は、26日の京都1R(ストームガスト騎乗)でJRA通算11000回騎乗を達成。JRA史上30人目、現役では18人目の快挙となった。

【写真】ウインブライトで香港G1を制した松岡正海騎手

 松岡正海騎手は、1984年生まれの34歳、デビューは2003年。1月6日の中山3Rのパドックで騎乗馬に蹴られ右尺骨骨折となるも、そこからわずか1ヶ月の早さで復帰を果たした。今年はウインブライトとのコンビで海外G1を含む重賞3勝の活躍を見せている。

■松岡正海騎手のコメント
「10000回騎乗を達成した時(2017年第4回東京第7日6R)よりも、様々なことを感じたり考えたりしながら騎乗することができ、競馬の奥深さを感じています。騎手としてレースに騎乗できることは幸せなことですが、しっかりと結果を出さないといけないので、11000回の経験を生かしてこれからも頑張りたいです」(JRAのホームページより)

最終更新:5/27(月) 11:26
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事