ここから本文です

【F1 モナコGP】ラウダへの想いを込めて走ったハミルトンが今季4度目の優勝

5/27(月) 8:42配信

レスポンス

アメリカのインディ500、フランスのルマン24時間と並び、世界3大レースを称されるモナコGPの決勝レースが26日、モンテカルロ市街地コースで開催され、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップを守りきって、今季4勝目を飾った。

[関連写真]

1975年、1977年、1984年の3度のワールドチャンピオンに輝き、引退後も世界のモータースポーツ界に多大なる貢献をしてきたニキ・ラウダ氏が5月20日、70歳で亡くなった。そのラウダ氏に対する想いをドライバーたちは思い思いの形で表現。ルイス・ハミルトン(メルセデス)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)らはヘルメットをラウダ氏のカラーリングに染め、他のドライバーもヘルメットやマシンにラウダ氏へのメッセージを記して決勝レースに挑んだ。

ラウダ氏に憧れ、近年はチームのノンエクゼクティブチェアマンに就任したラウダ氏と深く関わっていたハミルトンは、「ニキ(・ラウダ)へ優勝を捧げる」との想いで、終盤、グリップがなくなったタイヤで我慢して走行を続け、激しくプレッシャーをかけるマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)を最後まで抑えきって優勝。「辛くてもニキ(・ラウダ)のことを思い浮かべ、走行を続けた」と、レースを振り返った。

フェルスタッペンはハミルトンよりいいペースで走り、ファイナルラップまで60周近くバトルを仕掛けたが、惜しくも2番手でチェッカーを受けた。しかしピットアウトの際に他のドライバーを妨害したとして5秒加算のペナルティ。フェルスタッペンから5秒離されないように渾身の走りをみせたベッテルとバルテリ・ボッタス(メルセデス)は、その走りが実り2位、3位の結果となり、フェルスタッペンは4位で表彰台を逃した。

ホンダ勢はピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)が5位。ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)が7位。アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)が8位で、初の4台揃っての入賞を決めた。

F1モナコGP 決勝結果
1. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
3. バルテリ・ボッタス(メルセデス)
4. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
5. ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
6. カルロス・サインツ(マクラーレン)
7. ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
8. アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
9. ダニエル・リカルド(ルノー)
10. ロマン・グロージャン(ハース)
11. ランド・ノリス(マクラーレン)
12. ケビン・マグヌッセン(ハース)
13. セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
14. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
15. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
16. ランス・ストロール(レーシングポイント)
17. キミ・ライコネン(アルファロメオ)
18. ロバート・クビサ(ウィリアムズ)
19. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
以上完走
--. シャルル・ルクレール(フェラーリ)

《レスポンス 藤木充啓》

最終更新:5/27(月) 17:32
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事