ここから本文です

ホンダPU搭載マシン4台、F1モナコGPで揃って入賞。田辺テクニカルディレクター「今後も開発をプッシュしていく」

5/27(月) 7:05配信

motorsport.com 日本版

 モンテカルロ市街地コースで行われた第77回モナコGP。ホンダ製パワーユニットを搭載するマシンは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の4位を筆頭に、全4台が入賞を果たす結果となった。今季から2チーム供給体制となったホンダにとっては、復帰後初の好結果と言える。

【動画】F1第6戦モナコGP決勝ハイライト

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、プレスリリースに次のようにコメントを寄せた。

「今日のレースでは、レッドブルとトロロッソのすべてのマシンが完走し、4台同時入賞を果たしたことはポジティブにとらえています」

 田辺テクニカルディレクターはそう語った。

 ただフェルスタッペンは2番手でのフィニッシュだったが、ピットレーンで”アンセーフリリース”があったとして、5秒加算のペナルティ。これによりリザルト上では2台に先行されることとなり、表彰台を逃すこととなった。

「一方で、フェルスタッペン選手がピットアウト時に5秒加算のペナルティを受けてしまったことは残念に思っています」

 モナコGPの週末を通して速さを見せたホンダPU勢。田辺テクニカルディレクターは今後のさらなる活躍を誓う。

「4台入賞という今日の結果からも分かる ように、週末を通して両チームとも良いパフォーマンスを見せ、レースも上手くまとめることができました。次のカナダGPは今回とはまた異なるタイプのサーキットになります。引き続きPUの開発をプッシュしていきたいと思います」

最終更新:5/27(月) 7:05
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事