ここから本文です

【日本ダービー】ダノンキングリー首差の銀 戸崎圭悔しい2年連続2着

5/27(月) 6:00配信

デイリースポーツ

 「日本ダービー・G1」(26日、東京)

 またしてもダービージョッキーの称号に手が届かなかった。3番人気のダノンキングリーは首差の2着。昨年もエポカドーロで半馬身差の2着に敗れ、2年連続で銀メダルに終わった戸崎圭は「馬の雰囲気はダービー仕様で良かったですね。あそこまでいったので、悔しかったです。馬は頑張ってくれた。あとはちょっとした乗り方だと思います」と自ら敗戦の責任を背負い込んだ。

 発馬後は好位のインへ。手応え十分の3番手で直線に向くと、左ステッキに反応して力強く末脚を伸ばした。「道中もゆったり走ってくれた。距離も大丈夫だった」。戦前に不安視された2F延長も克服し、レースレコードを更新した勝ち馬とタイム差なし。だが、わずかに世代の頂点をつかみ損ねた。

 萩原師は「馬は頑張ってくれたし、いいレースはできたと思います。これも競馬なので…。この後のことは馬の様子を見て決めたいと思います」と話すにとどめた。秋までにさらに進化し、次こそ栄冠をつかんでみせる。

最終更新:5/27(月) 7:38
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事