ここから本文です

地銀がMaaS…十六銀行がMONETコンソーシアムに参画

5/27(月) 10:45配信

レスポンス

十六銀行は5月24日、ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社であるMONET(モネ)テクノロジーズが3月28日に設立した「MONETコンソーシアム」に、地方銀行として初めて参画したと発表した。

[関連写真]

MONETは「モビリティサービスを通じて人々の暮らしをもっと豊かに」という企業理念のもと、企業や自治体と連携し、自動運転社会を見据えた MaaS(モビリティアズアサービス)事業を展開している。

今回、MONETがモビリティイノベーションの実現に向けた「なかまづくり」の一環として企業間の連携を推進する「MONET コンソーシアム」を設立したことを受け、同行では新たな価値創造を推進するためには業界・業種問わず多くの事業者と連携することが必要であると判断、「MONETコンソーシアム」に参画した。

また、同行では「日本版MaaS」の実現が期待される中、愛知営業本部内に「MaaS戦略チーム」を立ち上げた。取引先のMaaS関連の新事業に関する課題・ニーズや成長戦略のコンサルティングを行うとともに、「MONETコンソーシアム」への参画を通じて、多くのサービス事業者と連携し、新たなモビリティサービスを推進・共創することで、移動における社会課題解決やシームレス金融の実現など、新たな価値創造を推進する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:5/27(月) 10:45
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事