ここから本文です

取引内容を埋め込むQRコード「レシートQR」を発表

5/27(月) 14:45配信

アスキー

一般社団法人フィンテックガーデンは取引内容をQRコードとしてレシートに記載する「レシートQR」を公開した。

 一般社団法人フィンテックガーデンは5月27日、レシートに購入品名や金額、消費税、軽減税率消費税などの取引内容をQRコード内に埋め込む「レシートQR」を発表した。
 
 本年10月に予定されている消費税率の8%から10%へ変更では、レシートに「総額」、「消費税10%の対象金額」、「消費税10%」、「軽減税率消費税8%の対象金額」、「軽減税率消費税8%」、「非課税の対象金額」を記載する必要があり、併せて経理処理もこの6つのデータを入力する必要がある。
 
 フィンテックガーデンでは経理処理作業の増大を防ぐため、税理士を中心とした委員会「フィンテックを支援する税理士の会」で研究を進め、レシートに取引内容を埋め込むQRコードの規格を策定。レシートQRをスマホアプリで撮影やスキャナーで読み込んだ取引内容をデータ化して会計システムに取り込み利用することができる。
 
 レシートQRは適用範囲がレシートや領収書だが、その他の書類にも展開が可能。フィンテックガーデンではAPIやシステムの仕様などを様々なフィンテック関連企業に公開して自由に作成できるようにし、フィンテックの市場拡大と普及を推進する活動を展開するという。販売価格は1社あたり30万円(導入台数無制限、税理士およびフィンテックガーデン会員は無償提供)。
 
 
文● 行正和義 編集●ASCII

最終更新:5/27(月) 14:45
アスキー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事