ここから本文です

錦織圭、ストレートで初戦突破「ここ2か月のクレーコートの中ですごく良かった」

5/27(月) 0:58配信

スポーツ報知

◆テニス 全仏オープン第1日(26日、パリ・ローランギャロス) ▽男子シングルス 錦織圭(日清食品)3(6―2、6―3、6―4)0 Q・アリス(フランス)

 1回戦が行われ、世界ランク7位の錦織圭(29)=日清食品=は、同153位のカンタン・アリス(22)=フランス=にストレートで勝利。5年連続で初戦を突破した。第3セットは第1ゲームからいきなり相手にブレークを許すなど苦しい展開。3―4とリードされるが、そこから3ゲーム連取で勝ちきった。

 錦織は「やりにくさはあった。初めは彼の好きなコースやパターンが分からない状態で時間がかかった。(自分の)プレーは良く、自信になった。自分のプレーが彼を焦らせたところもあったと思う。ここ2か月くらいのクレーコートの中ですごく良かった」とうなずいた。

 次戦の相手は未定。27日に決定するが、世界ランク85位のJ・ツォンガ(フランス)との対戦が予想され「底力があり、世界トップクラスのフォアハンド、サーブがある。大変になると思う」と語った。

最終更新:5/28(火) 23:41
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事