ここから本文です

MicrosoftとAlphabetの「X」、量子コンピューティング教育で協力

5/27(月) 10:37配信

ITmedia NEWS

 米Microsoftは5月23日(現地時間)、米オンライン学習サイトBrilliant.orgと協力し、量子コンピューティング関連の学習コースを開設したと発表した。コースのサイトには、Microsoftだけでなく、米Googleの親会社であるAlphabetのX部門も協力しているとある。

【その他の画像】

 これらのコースでは、Microsoftの量子コンピュータ向けプログラミング言語「Q#」を使い、Webブラウザでシミュレートする量子コンピュータで、量子アルゴリズムをゼロから構築する方法を学ぶ。

 コースの長さは16~24時間とそれほど長くはなく、量子ゲートや暗号化、超高密度コーディング、NISQアルゴリズムなどについて学べる。

 Brilliant.orgは2012年にカリフォルニア州サンフランシスコでスタートした、数学や科学のカリキュラムを無償で提供するWebサイト。世界で800万人以上がここで学んでいる。

ITmedia NEWS

最終更新:5/27(月) 10:37
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事