ここから本文です

【U―20W杯】初先発のFW宮代大聖が19歳誕生日に2ゴール…決勝T王手

5/27(月) 6:04配信

スポーツ報知

◆U―20W杯 1次リーグB組 日本3-0メキシコ(26日・グディニャスタジアム)

【写真】【U―20W杯】GK若原がPK神セーブ!

 【グディニャ(ポーランド)26日=星野浩司】日本は今大会初先発のFW宮代大聖(川崎)が2ゴールを挙げ、メキシコを3―0で下した。前半21分に左足で先制点、後半32分に右足で3点目を決め、この日迎えた19歳の誕生日を自ら祝福。1勝1分けの勝ち点4で2大会連続の決勝トーナメント進出に前進し、29日の1次リーグ最終戦でイタリアと戦う。

先制&ダメ押し ポーランドで迎えた19回目の誕生日を、宮代が自ら2発で飾った。前半21分、MF藤本の浮き球パスに走り込み、左足でゴール右隅に蹴り込んで先制。後半32分にはFW田川の縦パスに抜け出し、右足で豪快にぶち込んだ。「チーム全体で粘り強く戦えたので3―0で勝つことができた」と声を弾ませた。

 川崎U―18に所属していた昨年の誕生日、クラブユース選手権・関東予選の町田ユース戦でPKを外して敗れた苦い過去がある。25日に「誕生日なので点を取りたい。空回りせずに結果を出したい」と話していた通りの結末を呼び込んだ。

国際大会に強い ウルグアイ代表FWスアレス(バルセロナ)を目標とする点取り屋。17年のU―17W杯は3戦2発、昨秋のU―19アジア選手権は4戦4発と爆発してきた国際大会で勝負強さ見せつけ、2大会連続の16強入りへ王手をかけた。

最終更新:5/27(月) 7:22
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事