ここから本文です

「乃木坂46」メンバー卒業相次いでも順調なワケ

5/27(月) 17:10配信

東スポWeb

 人気アイドルグループ「乃木坂46」が26日、神奈川・横浜アリーナで単独ライブを開催し、ファン1万5000人を熱狂させた。

 同所で3日間にわたって行われた公演は、23枚目シングル「Sing Out!」(29日発売)を記念したもので、チケットは即日ソールドアウトだった(応募総数は約20万)。オープニングでは同曲をファンの前で初披露。白石麻衣(26)は「ようこそ、横浜アリーナライブへ! 最高にハッピーな時間を過ごしましょう!」と意気込むと、センターを務める齋藤飛鳥(20)も「横浜スタジアム(アリーナ)、やっほー!」と呼びかけた。

 毎年恒例の「乃木坂46 真夏の全国ツアー」は7月3日(愛知・ナゴヤドーム)からスタート。ツアーでやりたいことを聞かれると、堀未央奈(22)は「ステージに大きなプールを造って、私が背泳ぎをしてオープニングに登場したい!」と壮大な願望を告白。一方、星野みなみ(21)は「ずっと同じ髪形だから、いろんな髪形したい」とささやかな願望を明かした。

 ライブでは、来月卒業する斉藤優里(25)もサプライズ出演。来月20日発売の初写真集での稼働を控えるが、ラストステージとなった。1期生の斉藤は8年間に及んだアイドル人生を振り返り、「大好きなアイドルになれたことは光栄です。写真集を出す夢もかなえて…。大好きな乃木坂46をずっとずっと応援してください」などと話した。

 メンバーの卒業は続くが、新曲でセンターを務める齋藤をはじめ、与田祐希(19)や山下美月(19)といった若手メンバーの人気は爆発中だ。

「前日25日の出演メンバーは、昨年12月にお披露目されたばかりの4期生だけ。それでも会場はすごい盛り上がりで、観覧した先輩メンバーも刺激を受けていた」とは音楽関係者。

 グループの新陳代謝も順調のようだ。

最終更新:5/27(月) 18:17
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事