ここから本文です

27日 関東 暑さ続く 内陸部は2日連続の猛暑日も

5/27(月) 5:21配信

tenki.jp

きょう(27日)も関東各地の最高気温は33度前後の予想。内陸部ではきのうに続いて35度以上の猛暑日の所も。

日差しは真夏のように強く 安定した晴天 沿岸部は昼前まで濃霧に注意

【関東の天気(27日:月曜)】
きょうも関東地方は日本の南に中心を持つ高気圧に覆われています。また、上空には、気温の高い空気が残っています。各地とも晴れるでしょう。日差しは真夏のように強く、短い時間のお出かけでも万全な紫外線対策が必要です。空気が比較的乾燥していて、午前4時30分現在、東京都、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県に乾燥注意報が発表されています。火の元にお気を付けください。また、沿岸の地域では昼前まで霧の発生する所がある見込みです。千葉県や茨城県には濃霧注意報が発表されています。車の運転、船舶関係などはご注意ください。夕方以降は各地で雲が増えますが、天気の崩れはないでしょう。降水確率は午前、午後とも低くなっています。にわか雨などはなく、洗濯物は安心して外に干すことができるでしょう。

【関東の最高気温(27日:月曜)】
けさ(27日:月曜)午前4時現在の各地の気温は、平野部は20度前後、山沿いは15度前後です。通勤や通学の時間帯に外を歩いている間は比較的、心地よく感じられるでしょう。ただ、午前10時頃には25度を超える所がほとんどで、汗ばむくらいとなりそうです。そして、昼過ぎにかけて気温がグングン上昇。正午には30度を超えていることが予想されます。昼食の時間帯に屋外に出る方は暑さにお気を付けください。予想最高気温は33度前後で、熊谷や秩父など内陸の地域では35度以上の猛暑日になるでしょう。きのうから2日連続で猛暑日になる所もあり、熱中症に要注意です。なお、午後6時(18時)頃になっても広く25度以上の予想で、帰宅時間帯も汗ばむくらいでしょう。寝苦しい夜になる所もありそうです。

日本気象協会 本社 相原 恵理子

最終更新:5/27(月) 5:21
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事