ここから本文です

近畿・四国で空に虹色が出現 ハロや環水平アーク 天気下り坂のサイン

5/27(月) 11:21配信

ウェザーニュース

 週末は晴れて猛烈な暑さに見舞われた日本列島、週が明けて天気の流れに変化が出てきています。

 近畿や四国では朝から太陽に周辺に光の環「ハロ」が出現。太陽が高く昇るにつれて、近畿の一部では空の低いところのびる虹色の帯「環水平アーク」も現れました。

 これらは、上空高いところに広がる雲を構成する氷の粒が、太陽光線を屈折させることで現れるものです。

このあとは天気下り坂へ

 今朝、近畿などに広がる上空高いところの雲は、九州に近づく前線の最も東側の雲です。
 前線がゆっくりと東に進むのに伴い、ハロが見えているエリアでは雲が厚くなり、天気がゆっくりと崩れてきそうです。

 今夜までには九州や中国四国で雨が降り出し、近畿も明日28日(火)は雨の予想。今日のハロやアークは天気下り坂のサインになります。

東日本でも午後は観測チャンス!?

 関東など東日本もだんだんと上層雲が広がり、午後になるとハロやアークが現れてくるかもしれません。

 天気の崩れを示唆するとともに、記録的な暑さの終わりを告げる光学現象となりそうです。

ウェザーニュース

最終更新:5/27(月) 11:21
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事