ここから本文です

髪染め禁止の校則は厳しい? 女子高生100人にアンケート【動画付き】

5/27(月) 13:36配信

オリコン

髪染め禁止の校則は厳しい? 女子高生100人にアンケート【動画付き】

(C)ORICON NewS inc.

 先月ヘアケアブランドの「パンテーン」が「#この髪どうしてダメですか」と題したWEB動画を公開した。「地毛証明書を出す理由を教えてください」「学生らしい髪型って何ですか」など、普段聞きにくい生徒側からの「髪型校則への疑問」を教師にぶつけ、話し合う様子を収めたこの動画は現在1000万回再生に迫るほどの大きな反響を呼んでいる。そこで髪型校則について、ORICON NEWSでは女子高生100名にアンケート調査を行った。

 髪染め禁止などの髪型にまつわる校則を厳しいと思うか?

 ・厳しくない 28人
 ・厳しい   72人

 髪型校則については否定的な意見が多く、「勉強にあまり支障は無いと思うから」「してはいけない理由が分からない」といった、そもそも禁止されている理由がわからないという声が目立った。また、もともと地毛が茶色い人の扱いに関して、「地毛証明書を出していても注意される」「ちょっとだけ地毛に茶色が入っているだけで頭髪検査に呼ばれる」「元々茶髪の友達が黒染めを強要されていた」といった学校側の姿勢に疑問や矛盾を指摘するものも多かった。パンテーンの動画でも、都立高校の約6割で地毛証明書の提出が求められているとの調査結果を紹介しているが、髪型校則で最も議論を呼ぶ問題であるといえる。そのほかには「髪型は個性」「義務教育でもないので、自由にさせてほしい」といった個性を尊重してほしい、自由にさせてほしいというものがあった。

 一方、肯定的な意見では、「高校生のヘアカラーは真面目な印象を受けないから」「染めてる人はチャラいっていう印象をもちやすい」という「学生らしくない」「髪染めはイメージが悪い」という理由から髪型校則を肯定するものが多かった。そのほかには「私の学校では髪染め禁止だが、なんだかんだ注意されないし、生活指導の先生だけが厳しい」「頭髪検査の時以外はゆるいから」といった「禁止ではあるものの厳しく運用されていない」というもの。学校によるのだろうが、時代の流れに合わせて茶髪くらいなら、という意識があるのかもしれない。興味深い意見としては「私は髪とか服装を禁止されたくないからそういう校則がない学校に頑張って入ったし、それが厳しいって思って嫌なら禁止されてない学校に入ればよかったじゃん?って思っちゃう」という自己責任論があった。

 髪型校則に関しては、みだしなみと個性の尊重との兼ね合いや、たびたび話題となる地毛証明書の問題など、複雑な要素が絡み合って簡単に結論が出せないが、時代の流れを考慮し、厳しくし過ぎない学校も増えつつあるようだ。

(調査協力:株式会社アイ・エヌ・ジー)

最終更新:5/28(火) 14:04
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事