ここから本文です

NGT48早川支配人、迷惑行為に対処約束も騒動の着地点は?

5/27(月) 10:15配信

THE PAGE

 新潟を拠点とするアイドルグループ・NGT48の早川麻依子劇場支配人が24日にツイッターを開設し、元メンバーの山口真帆が暴行被害を受けたことに端を発する一連の騒動などについて説明を始めた。矢面に立ってでもファンの疑問を少しでも解消し、現在のメンバーたちを守り、入り乱れる情報を交通整理しつつ事態収束に向かいたいという前向きな試みとみられるが、早川氏単独でのツイートには限界もあり、理解を得るにはいささか厳しい情勢だ。山口もすでに他社の所属タレントとなったいま、一連の騒動は果たしてどこへ着地するのか。

「しっかりと対処」早川氏、約束

 早川氏のツイートは、まずは辛い思いのまま卒業していったメンバーをはじめ、ファンや地元の人々などに陳謝することから始まった。それとともにネットでの誹謗中傷などに苦しむメンバーが多数いると説明、「メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたいと思います」と、ツイッターを開設した動機を明らかにした。

 これまでのツイートを通し早川氏は、「12/8に起こった暴行事件に加担したメンバーはおりません。警察で事情聴取を受けたメンバーは、捜査協力のため事情聴取を任意で受け、自ら携帯を提出しましたが、関与はなかったと認められています」と、他メンバーの関与はなかったと説明している。

 また、大きな懸念事項といえるファンと一部メンバーとのつながりについては、以下の通り説明している。

 「○○がつながっていると人から聞いた。○○っぽい子が男の人といるのを見た。○○はつながっていると思う。○○が人目を避けるように歩いていた。という曖昧な話ばかり。処分しようにも全く証拠がありません」

 「つながりを申告してきたメンバーもいました。DMを2回返信してしまったが私的に会った事はない。また、取材先の飲食店の方が偶然ファンで、クレープをサービスしてくれて、来店のお礼のDMについ返信をしてしまった。そんな内容のものでした」

 早川氏によると、これらつながりに関する話は、早川氏自身が第三者委員会の報告後にメンバーから聞いた話とのことだ。

 早川氏は「これから、運営の責任は責任として背負いながら、やるべきことはやります」とし、「私は、メンバーやファンの皆様に迷惑行為をしている『厄介』と呼ばれているファンのことを、本当のファンだと思ってはおりません。メンバーやファンの方のためにしっかりと対処をしていきます」と、決意を述べている。

1/2ページ

最終更新:5/27(月) 10:22
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事