ここから本文です

広がる「あおり運転」対策 自動車メーカー各社が取組む方法とは

5/27(月) 7:10配信

くるまのニュース

「あおり運転」における心理状態とは

 ニュースなどで取り上げられるなど、社会問題までに発展した「あおり運転」。国や警察、自動車メーカー、地方自治体などさまざまな団体が対策や注意を呼びかけています。

「あおり運転」時の要因や対策を画像で見る(12枚)

 危険運転と怒りに関するアンケート調査結果では、約9割の人が運転中にイライラを経験したことがあるといいます。運転時の心理状態や「あおり」を受けた際の対策とは、どのようなものなのでしょうか。

 あおり運転が社会問題まで発展したきっかけは、2017年6月に神奈川県内の東名高速で発生した『あおり運転』などによる悪質な行為を原因とする交通死亡事故(2人死亡)の社会的な反響をうけてのことです。

 その後、警察庁は2018年1月に全国の警察に取締り強化を通達するなど「あおり運転」問題の抑止を図り、ヘリコプターによる上空からの取り締まりなどもおこなわれています。

 また、ユーザー自身も『高速道路上であおられたらSA/PAに避難して通報する』という認識や万が一を録画しておくために、ドライブレコーダーを装着するなど問題に対する意識が高まっているのです。

 そんななか、岡山トヨペットは「あおり運転」が引き起こされるまでの加害者と被害者の心理的な描写を、紙人形を使ったアニメーションで表現したWEB動画『STOP ROAD RAGE』を公開し、話題となっています。

 タイトルの「ロードレイジ」とは、自動車走行中の追い越しなどに対して、あおり運転や、進路妨害するといったドライバーの報復行動のことを指し、アメリカでは30年以上も前から社会問題になっているのです。

 このような動画を制作した背景について、岡山トヨペットは次のように話します。

「昨今話題となっている『あおり運転』。自動車販売を生業とする企業として、この悲しい状況をなんとかしたいと、強く感じていました。『あおり運転』に関する調査結果を受け、交通事故ゼロ・プロジェクトとして本動画を制作し、『イライラ・あおり運転をやめよう!』という啓発をおこなうこととしました。

 『あおり運転』の危険性について企画を開発する上で調べていくと、その根幹はハンドルを握った時の“怒り”にあると思いました。欧米ではSTOP ROAD RAGEの掛け声のもと運転中の“怒り”がどれだけ危ないものかを啓発していて、まずはそのことを伝えたいと考えています」

※ ※ ※

 今回、動画公開に合わせて公表された「危険運転と怒りに関するアンケート」では、9割以上の人が運転中のイライラを経験し、8割の人が危険運転の被害を経験したと回答しています。

 また、運転中イライラしてしまう人の心理状態についてのアンケート調査では、最多が「前の車の速度が遅いとき」(74.7%)、次いで「渋滞にはまったとき」(59.1%)でした。

 さらに、「蛇行運転など、後ろの車からあおられたとき」が 52.0%、「クラクションを鳴らされたとき」 が 34.8%と高い数字となり、前を走る車の速度に加え、蛇行運転やクラクションなど、ほかのクルマからあおられたときに“怒り”を感じやすいことが判明しました。

1/2ページ

最終更新:5/27(月) 16:43
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事