ここから本文です

働きながら年金をもらう「在職老齢年金」 お得にもらう方法を解説します。

5/27(月) 10:00配信

マネーの達人

配偶者のいる人は、老齢年金繰り下げで損をする場合もあり

配偶者のいる人で家族手当ともいうべき「加給年金」や「振替加算」を65歳からもらう要件を満たした人は、「年金繰り下げ」すると損をする可能性があります。

66歳で老齢厚生年金を繰り下げした場合、1年間で39万100円の加給年金を受けることができなくなります。

66歳で老齢基礎年金を繰り下げすると、振替加算も66歳までの間受けられません。

8.4%増額分と、加給年金額や振替加算額との比較が必要ですので、年金事務所で相談しましょう。

老齢年金繰り下げをできない場合

遺族年金や障害年金など老齢年金以外の年金をもらっている(権利がある)場合は、老齢年金を66歳以降に繰り下げることはできません。

厚生年金に加入して働きながら、お得に老齢年金をもらうには?

今までのお話と併せて、厚生年金に加入して働きながら、お得に老齢年金をもらうには、どうするかまとめてみました。

■1. 60歳から64歳までは、雇用保険に入って働き続け、高年齢雇用継続給付金を受ける。
60歳以降お給料が75%未満に下がる場合、高年齢雇用継続給付を受けられます。

■2. 65歳過ぎて働き続ける場合でも、可能なら厚生年金に入らない働き方にする。
65歳までそのまま労働時間を変えずに働いた場合、厚生年金に加入し続け、保険料を支払います。

65歳を契機に労働時間を30時間未満に減らし、厚生年金から外れると給与が高くても年金を全額受け取れます。

■3. 65歳過ぎに厚生年金に入り続けるなら、年金月額と給与が47万円を超えないように調整する。
いろいろな事情で週30時間以上働くこともあるでしょう。

厚生年金に加入し続けるなら、給与を調整すれば、老齢年金を全額受け取れます。

■4. 65歳の前々日以前(65歳に達する前)に退職すると失業等給付を多くもらえます。
可能なら、65歳になる前々日以前(64歳)の給与締切日に雇用契約終了にすれば、65歳以降に退職するより失業等給付は多くもらえます。

余命いくばくもなければ、年金は早めにもらいましょう

在職老齢年金は、厚生年金保険料を長く支払いその分、退職後に増えた老齢年金を受けるので「長生きするほど得」です。

自分が短命だと思う人は、無理をせず、労働時間を短めにし、厚生年金には入らず、必要に応じて老齢年金を繰り上げ、早めに老齢年金をもらえるような働き方をした方が得です。(執筆者:拝野 洋子 / 社会保険労務士、FP技能士2級、AFP、日商簿記2級)

3/3ページ

最終更新:5/27(月) 10:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事