ここから本文です

土居美咲、全仏OP初戦敗退も「チャンスあった。次につながる」<女子テニス>

5/27(月) 4:11配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会初日の26日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク110位の土居美咲は第7シードのS・スティーブンス(アメリカ)に3-6, 6-7 (4-7)のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

【土居美咲「苦労した1年」】

初の対戦となったこの試合、土居は昨年の同大会準優勝者であるスティーブンスに2度ブレークを許し第1セットを落とすも、第2セットではファーストサービスが入った時に74パーセントの確率でポイントを獲得。

第10ゲームではサービング・フォー・ザ・セットを迎えたが、そこからタイブレークの末に1時間33分で力尽き、2015年以来4年ぶり2度目の2回戦進出を逃した。

土居は試合後の記者会見で「彼女(スティーブンス)のディフェンスがかなり堅く、ミスがなかった。タイミングを速めて攻めようとしたけど、自分の中の焦りもあり難しかった。第2セットでチャンスはあったけど、そこでうまくいかなかった」と振り返った。

続けて「徐々にいいプレーができ始めていて、チャンスがある試合ができたことは次につながると思う。それでも、もちろん勝ちたかったし、今は悔しい気持ちの方が大きい」と語った。

勝利した世界ランク7位のスティーブンスは2回戦で同ランク72位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)と対戦する。ソリベス=トルモは1回戦で同55位のA・ヴァン=ウィットバンク(ベルギー)を下しての勝ち上がり。

同日の1回戦では、第2シードのKa・プリスコバ(チェコ)、第15シードのB・ベンチッチ(スイス)、第19シードのG・ムグルサ(スペイン)、第31シードのP・マルティッチ(クロアチア)らが2回戦進出。

第5シードのA・ケルバー(ドイツ)は世界ランク81位のA・ポタポヴァ(ロシア)にストレートで敗れ、初戦で姿を消した。

最終更新:5/27(月) 4:11
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事