ここから本文です

ケン・タニガワがシニア全米プロ制覇 手嶋多一は18位、鈴木亨は52位

5/27(月) 11:21配信

my caddie

 米チャンピオンズツアーのメジャー第2戦 キッチンエイド シニア全米プロゴルフ選手権は26日、米ニューヨーク州のオークヒルCC(6896ヤード・パー70)で最終ラウンドが行われ、ケン・タニガワ(米)が通算3アンダーで優勝を果たした。

【写真】米シニア大会で「74」を記録した長谷川滋利氏

 手嶋多一は通算8オーバー18位タイ、鈴木亨は通算15オーバー52位タイで大会を終えている。

 レティーフ・グーセン(南ア)は通算イーブンパー単独4位、ベルンハルト・ランガー(独)は通算7オーバー12位タイ、コリン・モンゴメリー(スコットランド)は通算9オーバー21位タイとなった。

最終更新:5/27(月) 11:21
my caddie

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事