ここから本文です

EL決勝控えるチェルシーに大打撃…カンテ、今度は練習中に膝負傷で大一番への出場に暗雲

5/27(月) 7:51配信

GOAL

チェルシーのMFヌゴロ・カンテがヨーロッパリーグ決勝を欠場する可能性が高まっている。『Goal』の取材で明らかになった。

チェルシー背番号9の呪い。過去の“被害者”はトーレス、モラタ…イグアインは逃れられるのか?

5月上旬のワトフォード戦の序盤にハムストリングスを負傷したカンテだが、現在こちらの状態は良くなっており、アーセナルとのEL決勝に向けて準備を進めるチームトレーニングに参加するほどに回復。しかし、フランス代表MFはトレーニング中に膝のケガを負ってしまったようだ。

マウリツィオ・サッリ監督は先週の会見で、カンテのEL決勝出場に楽観的な姿勢を見せていたが、このケガにより、同選手の出場に暗雲が立ち込める。今シーズン、ここまで全公式戦52試合に出場したフランス代表MFを欠くことになれば、チェルシーにとっては大きな痛手となるだろう。

アーセナル戦への出場が危ぶまれるチェルシーの選手はカンテだけではない。ルベン・ロフタス=チーク、カラム・ハドソン=オドイはアキレス腱断裂により長期離脱中。アントニオ・リュディガーは膝を負傷し、手術が必要な状態だ。

なお、EL決勝チェルシー対アーセナルの一戦は、29日にアゼルバイジャンの首都バクーで行われる。

最終更新:5/27(月) 7:51
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事