ここから本文です

“木を食べる”がコンセプト! 間伐材を使ったケーキをつくったのはなぜか!?

5/27(月) 19:12配信

TOKYO FM+

ファッションデザイナー、起業家、インフルエンサーなどマルチに活躍するハヤカワ五味がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「マスメディアン 妄想の泉」。この番組では、さまざまなフィールドで活躍する起業家やクリエイター、アーティストをゲストに迎え、未来を面白くするヒントを“妄想しながら”探っていきます。5月11日(土)の放送では、料理人でデザイナーの田村浩二さんに、料理のあり方について伺いました。

【写真を見る】パーソナリティのハヤカワ五味(左)

◆“究極のチーズケーキ”づくりに舵を切った理由

開店わずか2ヵ月でミシュラン1つ星を獲得し、2018年に惜しまれつつクローズした東京・白金台のフレンチレストラン「TIRPSE(ティルプス)」でシェフを勤めていた田村さん。SNSなどを中心に“究極のチーズケーキ”と呼ばれ、話題を集めている「Mr.CHEESECAKE」を売り出したことでも知られています。
現在は、シェフとして働きながらベンチャー企業を立ち上げ、“お店を持たない料理人兼デザイナー”として活動しています。

田村さんがチーズケーキづくりに舵を切ったきっかけは、フランス発の美食ガイド「ゴ・エ・ミヨ ジャポン2018」での「期待の若手シェフ賞」受賞でした。
“変わった料理をつくる有名シェフ”の肩書きに違和感を覚え、自身の追求するべき料理を見直したと言います。チーズケーキを選んだ理由について、田村さんは「単純に、誰が食べても美味しくて、みんなが笑顔になる料理をつくりたくて。自分の大好きなチーズケーキにたどり着いた」と話します。

◆“店を持たないシェフ”への道は?

田村さんは、2006年に調理師専門学校を卒業後、日仏両国の多くの名立たるレストランでシェフをつとめ、現在のフリーランスの道に進みます。シェフでありながら“お店を持たない”という選択は、「めちゃめちゃ怖かった」と胸の内を明かします。「仕事がなくなりますからね。いつも足を運んでいたキッチンという場所に行かないし、最初の1~2ヵ月はつらかった」と当時を振り返ります。

それでも続けてきた理由を、将来、家庭をつくって子どもができたとき、業界の常識とされる働き方が、「自分の人生にとって本当に幸せなのか」と疑問に感じていたからと話します。「料理の仕事をしつつ、子どもとの時間も取れるような労働時間にしたかった。食の世界って、まだまだ広がりが少ないので」と語ります。

1/2ページ

最終更新:6/4(火) 12:38
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事