ここから本文です

格闘ファン狂喜の一戦! “鮮血滴る”近藤有己、郷野聡寛との13年ぶり3度目のベテラン対決を打撃戦で制す

5/27(月) 11:02配信

AbemaTIMES

 26日、新木場・スタジオコーストで開催された「PANCRASE 305」で、長く格闘技を見ている者にはたまらないベテラン対決が行われた。

 近藤有己(43歳)に対するは郷野聡寛(44歳)。ともに20年以上のキャリアを持つ。PRIDE全盛期の格闘技ブーム時代、日本における総合格闘技の第一線で活躍した選手たちだ。

 両者の対戦はこれが3度目。初戦は2001年12月で近藤がTKO勝利。郷野が判定勝ちした2戦目はPRIDEが舞台で2006年だった。今回は実に13年ぶりの対決だ。

 ファイターとして生き残るためにも、お互いにとって重要だったこの試合。ともに打撃を得意としているだけに、3分3ラウンドすべてスタンドでの打撃戦になった。

 サウスポーの構えから前進していく近藤。郷野は足を使いながらカウンターを狙っていく。その中で試合が進むにつれて勢いを増していったのが近藤だ。2ラウンドにはパンチ連打の回転を上げ、3ラウンドにはローキックで的確にダメージを与えた。判定は3-0。まぶたから鮮血が滴った近藤が勝利を手にした。

 近藤は久々の試合で久々の白星。年齢を重ね、タイトルからも遠ざかっているが、格闘技への情熱は変わらない。そう遠くないうちに、またパンクラスのケージでその姿が見られるだろう。

文・橋本宗洋

最終更新:5/27(月) 11:02
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事