ここから本文です

代打で粘った中日・亀沢の打撃に井端氏「非常によかった」

5/27(月) 9:00配信

ベースボールキング

● ヤクルト 8 - 10 中日 ○
<12回戦・神宮>

 26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-中日戦』で解説を務めた井端弘和氏が、6回に代打で登場した中日・亀沢恭平の粘りを評価した。

 9-8の6回無死走者なしから代打で登場した亀沢は、1ボール2ストライクと追い込まれたが、ここからボール球を見極め、ファウルで粘った。

 ヤクルト・五十嵐亮太が投じた11球目のストレートをセンターフライに打ち取られたが、井端氏は「代打で出てきて先頭で簡単に追い込まれた中、粘って、粘って3ボール2ストライクになった。最後は打ち取られたんですけど、自分のスイングができたというのは非常によかったなと思います」と語った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

最終更新:5/27(月) 10:05
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/17(火) 22:20

あなたにおすすめの記事