ここから本文です

自己ベストは5M59! 走り幅跳び全国3位のアスリート系美女売り子【福岡発 売り子名鑑2019】

5/27(月) 19:10配信

Full-Count

キリンビールでもトップクラスの売り上げを誇る「さあや」さん

 スタジアムでの野球観戦、そのお供として楽しみにしている人が多いのが、冷えたビールだ。そして、スタジアムの“華”として日々、汗を流して働いているのが、各ビールメーカーの売り子たちだ。10キロを超えるビールのタンクを背負い、階段ばかりの球場内を歩き回るのはかなりの重労働。日本独特の文化で、実はスタジアムを訪れる外国人観光客からの注目度、人気も高い。

【写真集】笑顔が眩しい貴重な“私服”ショットも…アスリート系美女売り子・キリンビールの「さあや」さん

 福岡ソフトバンクホークスの本拠地ヤフオクドームで働く売り子たちもまた、それぞれに人間模様がある。“美女どころ”と言われる福岡の売り子を紹介する人気企画「福岡発 売り子名鑑2019」。彼女らの奮闘を知っていただき、球場での観戦の楽しみの1つとしてもらえたら幸いだ。

 第6回はキリンビールの「さあや」さんだ。

 キリンビールでもトップクラスの売り上げを誇る彼女。今季で3年目となるハツラツとした笑顔が美しい21歳だ。三塁側内野席を主な持ち場にし、200杯超を売り上げるトップ売り子の1人だ。

 売り子をスタートさせたのは、大学2年のとき。高校時代は部活動に熱中し、大学入学から1年ほどはその開放感に浸っていたという。2年生になり、アルバイトを探す中に売り子があった。元々が体育会系の「さあや」さん。「何か夢中になれるものになるかな、と。売り子は競争のイメージがあって、私、負けず嫌いなので、自分に合っているバイトじゃないかな」と、この世界に飛び込んだ。

 小学校から陸上部で活躍した彼女。短距離と走り幅跳びを専門にし、中学校時代には走り幅跳びで全国3位。走り幅跳びは5メートル59、100メートルは12秒52の自己ベストを誇る実力者だった。高校進学後は度重なる故障に悩まされ、高校卒業後にその道を諦めることとなったが、今、その時の経験が生かされているという。

さすがは体育会系出身、10キロ超の樽も「リュックくらいの感覚」

 ほとんどの売り子が、始めた当初、そのキツさに驚くというが、さすが全国3位で鳴らしただけある。「さあや」さんは「全然キツくないです。樽も今ではリュックくらいの感覚です。最初はちょっと重いなくらいで、でも、すぐ慣れました。昔は吐くくらいの走り込みをしていたので、比べ物にならないです。むしろ楽ですね」と言い切ってしまう。

 仕事の雰囲気も合っていた。毎日、売り上げ杯数が明らかにされ、嫌が応にも競争となる売り子の世界。「体育会系のイメージでしたけど、入ったら、まさに体育会系でしたね。頑張ってれば杯数が伸びるのが、陸上と似ていて同じような感覚でした。積み重なっていくものなので」。

 売り子のやり甲斐に「やっぱり常連さんの存在ですね。自分から選んで買ってくれる人がいることがやりがいですね」と語る「さあや」さん。体力を武器としており「私は誰よりも動いています。ビールを飲みたいと思っているお客様の前に数多く行こうと思ってやってます」という。

「将来は小学校の先生になりたいです」と夢を語る彼女。その夢を叶えるために、どれだけ売り子の仕事が大変であっても、疲れていても「絶対に授業には出てきました。そこは絶対に手を抜かない、学業は絶対に優先」でやってきた。3年間続けてきた売り子は今季がラストイヤーだ。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:5/27(月) 19:10
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事