ここから本文です

フェルスタッペン、優勝ならずもポジティブ「ハミルトンに勝つために全力を尽くした。僕らは強かった」:レッドブル・ホンダ F1モナコGP日曜

5/27(月) 6:50配信

オートスポーツweb

 2019年F1モナコGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4位だった。

【関連写真】2019年F1第6戦モナコGP ラウダへの追悼の意を示す赤いキャップを被るマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 フェルスタッペンは2位でフィニッシュしたが、ピットストップ時にチームが危険なリリースを行い、フェルスタッペンがバルテリ・ボッタスに接触したとして、5秒のタイムペナルティを受け、4位に降格された。フェルスタッペンにはペナルティポイント2も科されている。

 11周目、セーフティカー出動時にトップ集団が同時にピットイン。2番手のバルテリ・ボッタスがピットストップを終えてファストレーンを走っていたが、フェルスタッペンはボッタスに接触した後、前に入り込み、2番手でコースに復帰した。ボッタスはこの時の接触でタイヤがパンクしたため、再度ピットストップを行わなければならず、4番手にポジションを落とした。

 スチュワードのリリースには以下のように記されている。「フェルスタッペンはファストレーンに寄っていき、ボッタスに接触。その接触によりスポーツ上のアドバンテージを得て、前に出た。スチュワードは、ピットストップから危険なリリースを行って、スポーツ上のアドバンテージを得たと考え、フェルスタッペンに5秒のペナルティを科した」

 フェルスタッペンは、3番グリッドからソフトタイヤを履いてスタート、新品ハードタイヤに交換し、1回ストップで走り切った。首位を走るルイス・ハミルトンはタイヤに苦しみ続け、フェルスタッペンは1秒以内の差で周回し、チャンスをうかがうが、オーバーテイクはできなかった。終盤、ターン10で仕掛けた際に接触、これについて審議が行われたが、どちらかのドライバーにすべてあるいは主な非があるわけではないとして、スチュワードはふたりにペナルティは科さなかった。

 フェルスタッペンは、ファン投票による「ドライバー・オブ・ザ・デー」を受賞している。

■「ハミルトンにプレッシャーをかけ続け、タイヤを消耗させた」とフェルスタッペン

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=4位
 今日は全力を尽くした。楽しいレースだったよ。僕らには高い競争力があったと思う。(ハミルトンに)プレッシャーをかけ、優勝目指して戦った。

 ルイスを相手に戦うのは簡単なことではないのは分かっていたが、彼にプレッシャーをかけ続け、ミスを誘おうとした。アタックするため、彼が望んでいる以上にタイヤを使わせるように仕向けた。

 そうして彼のタイヤがだめになり、いくつかのコーナーでかなり遅くなったので、仕掛けるチャンスが出てきた。でも結局十分に近づくことができなかった。残り数周となった時、仕掛けて結果を見てみようと思った。それで接触したが、幸いダメージはなかった。

 ピットストップの時のインシデントでペナルティを受けたのはついてなかった。でもチームは何も悪いことはしていないと思う。ここはピットレーンがタイトで、視界が悪いんだ。

 今日のペースはとてもよかった。それが一番重要なことだ。もちろん、表彰台に上りたかったけれど、レースを楽しめたし、勝てることもあれば、負けることもある。あと数周あれば彼を抜くことができたかもしれないと言うのは簡単だ。でも僕はベストを尽くした。自分にやれることはすべてやったと思う。チームは週末を通して素晴らしい仕事をしてくれた。今日僕らは勝利をつかむためにあらゆる手を尽くしたと言える。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/27(月) 6:55
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事