ここから本文です

レッドブル代表「フェルスタッペンの降格は残念だが、ホンダの4台トップ8を喜びたい」:F1モナコGP日曜

5/27(月) 9:18配信

オートスポーツweb

 2019年F1モナコGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4位、ピエール・ガスリーは5位だった。

【関連写真】2019年F1第6戦モナコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のバトル

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
チーム代表 クリスチャン・ホーナー
 マックスは今日、全力を注いで走った。グリッドから発進した後、ターン1に向けて(バルテリ・)ボッタスを抜くことを考えたが、並びかけるのに少し足りなかった。

 メカニックたちはピットストップで非常にいい仕事をし、“ボックス”を離れたマックスはボッタスの前に出た。それ自体は問題なかったが、タイトだったためにメルセデスがバリアにヒットすることになり、スチュワードはマックスに5秒のタイムペナルティを出した。

 マックスはその後、果敢に走り、ルイス(・ハミルトン)を抜くことを目指してあらゆることを試みた。我々の方がタイヤ戦略については優れており、シケインで近づいて仕掛けるチャンスが一度だけあったが、成功しなかった。

 2位でフィニッシュしたものの、トップ4が非常に接近して走っていたために、マックスは表彰台に上ることができなかった。今日のレースでこれほどの走りをしながら4位というのは、マックスにとって非常に残念な結果だ。彼はいつもどおり、チェッカーフラッグまで決してあきらめなかった。

 ピエールは昨日ペナルティを受けて8番グリッドからのスタートになったものの、そこからうまく挽回した。冷静に走り、前が空いた時には速さを発揮し、ポジションを上げていった。2回目のピットストップを行うことで、ファステストラップを記録し、ボーナスポイント1点をつかんだ。これはチームにとって重要なポイントだ。5位でフィニッシュし、非常に素晴らしい仕事をした。

 ホンダのパワーユニット搭載車4台がトップ8に入った。彼らにお祝いの言葉を贈りたい。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/27(月) 9:34
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事