ここから本文です

F1、2021年に向けた標準ギヤボックスの入札を中止。サプライヤー候補4社にパフォーマンスの差別化は見られず

5/27(月) 18:36配信

オートスポーツweb

 FIAは、WMSC世界モータースポーツ評議会の決定を受けて、2021年からF1に導入する標準ギヤボックスに関連する入札を中止した。

 将来的にコスト削減を図るため、FIAは今年、ギヤボックスサプライヤーの候補各社に向けて、2021年に導入予定の標準設計セットの供給について入札実施の案内をしていた。

 実際にはギヤボックス供給について4社が入札を行ったが、現在FIAの技術部門はF1に対し、WMSCの投票を通過した1社のサプライヤーを使用するように勧告している。

「WMSCの判断は、チームとサプライヤーから提供された技術面と財務面双方の情報を検討して下されたものだ」とFIAは声明で述べた。

「提供された技術データによって明らかになったところによると、F1におけるギヤボックス技術は広範囲にわたって統一されており、結果として現時点でパフォーマンスの差別化はほとんど見られない」

「またコンポーネントの複雑さにより、ギヤボックスが信頼性の面で繊細な要素であることに変わりないことは認識されており、このことはFIAの技術部門の評価においても考慮されている」

 将来のコスト削減策について、WMSCは“1社のサプライヤーに頼る以外の手段で同様のコスト削減はなし得る”と結論づけている。

 FIAは、そうした特定の“手段”は、今年6月末に発表予定の2021年レギュレーションに含まれているとしている。

 FIAが開始したその他の標準ホイールリム、ブレーキシステム、および燃料システムの入札は現在進行中だ。これらの入札もFIAによって見直しが行われるかどうかは不明だが、パドックでは入札の一部もしくはすべてが廃止されるのではないかともささやかれている。


[オートスポーツweb ]

最終更新:5/27(月) 18:37
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事