ここから本文です

元モロッコ代表FWシャマフが現役引退…かつてはアーセナルでプレー 

5/27(月) 17:04配信

SOCCER KING

 元モロッコ代表FWマルアーヌ・シャマフが現役引退を発表した。26日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 フランスで生まれた現在35歳のシャマフは、世代別の代表ではフランス代表でプレーした経験もあったが、最終的にA代表ではモロッコ代表を選択。代表では通算65試合18得点を記録した。

 また、クラブではボルドーで頭角を現し、230試合56得点を記録。リーグ・アン制覇と2度のクープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランスリーグカップ)優勝を経験した。2010年夏にはプレミアリーグの強豪アーセナルに加入し、2シーズン半在籍。リーグ戦通算40試合に出場し、8得点を記録した。2013年冬にウェストハムにレンタル移籍をすると、2013年夏にはクリスタル・パレスへ完全移籍。その後、2016年夏には無所属となったものの、同年10月にカーディフに加入していた。

 2017年1月にカーディフを退団して以降、現在まで無所属となっていたシャマフ。現役引退は発表していなかったが、イギリスメディア『beIN SPORTS』で「今日で本当にフットボールから引退すると言える」と語り、現役から引退することを表明した。

SOCCER KING

最終更新:5/27(月) 17:04
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事