ここから本文です

「ベルマーレで鍛えてもらった」鈴木冬一は“キーマン”との1対1も対人守備で見せ場

5/27(月) 9:40配信

ゲキサカ

[5.26 U-20W杯グループB第2節 U-20日本代表 3-0 U-20メキシコ代表]

 “キーマン封じ”の任務を託されたが、スタートは想定外だった。U-20日本代表DF鈴木冬一(湘南)が今大会初先発。初戦のイタリア戦で右サイドハーフだったメキシコの10番FWディエゴ・ライネスを抑える意図があり、グループリーグ突破を懸けた重要な一戦で左サイドバックに起用された。

 そのイタリア戦はオーソドックスなボックス型の4-4-2を採用したメキシコは、日本戦で中盤の形を変えてきた。FWディエゴ・ライネスを頂点にした中盤ダイヤモンド型は影山雅永監督が「テクニカルスタッフが知っている限り、これまでの予選でもあの形の情報はなかった」という奇策。スタートは意表を突かれたものの、GK若原智哉(京都)の好セーブもあり、序盤の難を凌いだ。

 試合が経過するにつれ、ライネスは真ん中から左へ、右へと位置を変えた。鈴木冬がマークする相手はそれに伴って変わったが、流れの中でどの相手にも人数をかけつつ、臨機応変に対応。前半32分にはカウンターの危機を察知して逆サイドまで走り、ライネスとの1対1にしっかりと対応。外に追い込んでシュートを打たせなかった。

「左利きの選手なので、縦と中を抑えつつ、しっかりとどっちに行くかを考えて対応できた。そこは自信になった」。もともと能力が高かった粘り強い対人守備はJリーグでさらに磨かれた。「湘南ベルマーレで鍛えてもらっている。まだまだ足りないところもあるけど経験を生かせた」と手応えを口にした。

 今大会初先発とあって序盤は「固さもあった」というが、すぐに試合に入って実力を発揮し、攻守に見せ場をつくった。「対応としては悪くなかったけど、もっとスーパーな選手はたくさんいる。もっともっといろんな強い選手と対決したい気持ちになりました」。世界の猛者とのマッチアップで闘争心に火がついた。

最終更新:5/29(水) 6:19
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事