ここから本文です

【メルセデスF1】赤いハロはモナコ1回限りも「ニキとの思い出はクルマに残し続ける」

5/28(火) 17:32配信

TopNews

メルセデスF1チームを率いるトト・ヴォルフ(エグゼクティブディレクター)が、先週末に行われたF1モナコGPで投入された赤いハロはもう今後使われることはないと語った。

●【ハイライト動画】ホンダがメルセデスを追い回す!ホンダ勢は4台入賞!/F1モナコGP

メルセデスでは20日(月)に亡くなった非常勤会長ニキ・ラウダを追悼するために、コックピット保護システムであるハロを赤く塗装し、そこにラウダに対するメッセージを添えていた。

これは、伝説的元F1ドライバーでもあったラウダがいつも赤いキャップを被っていたためだ。

しかしヴォルフは『Speedweek(スピードウィーク)』に対し、次戦カナダGP(6月9日決勝)以降は元のハロに戻すことを明らかにしている。

「あのハロは1回限りだよ。カナダ以降は赤を使うことはない」

「その一方で、ニキのサインとともに赤い星をクルマに施し続けることになる。彼はこのチームのために力を尽くしてくれたし、我々はその思い出をクルマに残しておきたいんだ」

そう語ったヴォルフは次のように付け加えた。

「ニキを讃えるためにもっといいものが見つかるまで、星とサインを使い続けることになるだろう。どちらも非常に美しいと私は思っているよ」

最終更新:5/28(火) 17:32
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事