ここから本文です

警官発砲し刃物男死亡、さいたま 腹部に命中、搬送先の病院で

5/28(火) 16:18配信

共同通信

 28日午後2時15分ごろ、さいたま市見沼区大和田町1丁目の路上で、警察官が刃物を持って向かってきた男に発砲し、腹部に命中した。県警は公務執行妨害容疑で男を現行犯逮捕。男は搬送先の病院で死亡が確認された。県警大宮東署によると、近くに住む職業不詳鎌田幸作容疑者(68)で、今後死因を調べる。

 午後2時ごろ、近くの女性から「路上で人が倒れている」と119番があった。警官2人が駆け付けると、左腕付近から血を流した鎌田容疑者が包丁を持って向かってきた。警官が空に威嚇射撃した後も包丁を振り上げたため、2人で1発ずつ発砲。うち1発が命中した。

最終更新:5/28(火) 23:02
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事