ここから本文です

真飛聖&壮一帆 宝塚退団発表の明日海りお・紅ゆずるへメッセージ

5/28(火) 17:40配信

TOKYO FM+

元宝塚歌劇団雪組トップスターの壮一帆が、宝塚歌劇団OGを始めエンターテイメント業界で活躍するゲストと多彩なトークをお届けするTS ONEの番組「壮一帆 気分SO快!」。3月4週目のゲストは、元宝塚歌劇団花組トップスターの真飛聖さんです。今回は、22日に東京・なかのZERO大ホールで行われた公開収録の模様をお届けしました。

真飛さんが花組のトップスターだった頃、その二番手に位置していた壮とは様々な作品で共演。当時から「まとえり」(“えり”は壮の愛称)と呼ばれるなど、息の合った姿を見せてきました。現在はドラマや映画などで女優として活躍する真飛さんですが、壮が「今やテレビをつければ、真飛さんが映っている!」と紹介すると「大げさ!」とツッコむなど仲の良さは相変わらずで、今でもスケジュールが合えば一緒に宝塚を観劇に行くそうです。

話題は、現在花組のトップスターである明日海りおさんの退団発表へ。今年の11月に退団する明日海さんですが、そのトップ在任期間が5年6ヵ月という長さに「頑張ったんだね」と驚く真飛さん。壮が「トップの大変さがわかるから……」と語ると「ありがとうだね」と、労いの言葉をかけていました。さらに真飛さんが星組在籍当時の下級生だった、現在トップスターの紅ゆずるさんも10月に退団するということで、「時代は変わるね」としみじみ。新しい人生が始まる二人の後輩と、ファンのみなさまに向けてメッセージを送りました。

「(組のトップが変わると)寂しさと同時に新しい風も吹くと思います。下級生たちにも“自分たちもがんばらなきゃ”と自覚や責任が生まれて、さらにその組が整うことになりますよね。寂しいけど“今までありがとう、お疲れ様”だと思うし、これからの新しい体制も楽しみにしたいです。あと、寂しいけど永遠のお別れではないと思うんです。私たちも男役から女に戻ったし(笑)。違う形で会っていくと思うから、そういう姿も応援してほしいですね」

宝塚時代は一緒に芝居をしたり踊ったりすることが多く、「(真飛さんは)影の相手役だと思っていた」という壮。真飛さんも「本当に二番手というのは相棒なので、唯一無二の存在です」と返し、二人の絆の強さを感じる放送となりました。

最終更新:5/28(火) 17:40
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事