ここから本文です

「オランダ式?」佐藤嘉洋、ピーター・アーツのバンテージが“雑すぎ”て苦し紛れの言い訳

5/28(火) 18:26配信

AbemaTIMES

5月25日に『格闘代理戦争4thシーズン』が放送された。

同番組は格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリ番組で、第4弾となる今回は「K-1」のトップファイターたちが「監督」となり、勝ち抜き制によるチーム戦で激突し、優勝チームには賞金総額300万円と「K-1 WORLD GP」への出場が確約される。

今週は5月18日に行われたトーナメント準決勝の裏側を紹介。ピーター・アーツ率いる「ピーターズは」、久保優太の「久保ファミリー」と対戦。勝負前の控室ではスタッフが「アーツさんのバンテージの巻き方、雑じゃないですか?」と指摘すると、サポートについていた佐藤嘉洋は苦笑して「オランダ式……」と苦しい言い訳をする。

しかも、アーツが右手のバンテージを巻き終わったあと「佐藤! 左手巻いてくれ!」と言われたそうで、佐藤は「巻くなら両方同じ人が巻いた方がいいと思うんで……」と困惑したことを明かす。思わぬところでレジェンドファイターの“天然”な一面が垣間見えた。

しかし試合になるとアーツは勝負師の表情となって随所で指示を飛ばし、見事チームを勝利に導く。試合後の控室では「本当にいい試合だった」と語りながらも、選手1人1人の戦いぶりを冷静に分析していた。

最終更新:5/28(火) 18:26
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事