ここから本文です

規制委、関電に3原発再審査命令 火山灰の想定引き上げで

5/29(水) 11:46配信

共同通信

 原子力規制委員会は29日の定例会合で、関西電力に対し、福井県の美浜、大飯、高浜3原発の再稼働審査の一部やり直しに必要な申請をするよう命令を出す方針を決めた。国内で火山の大規模噴火が起きた場合に3原発に降ると想定される火山灰の厚さを巡り、規制委は既に終了した審査で10センチを妥当としたが、その後、新たな論文発表などがあり見直しを決定。より多量の火山灰が降っても3原発の機能が維持されるかなどを再審査で確認する。

 関電は原発の運転期間中に新たに想定したような大規模噴火が起きる可能性は低いとして再審査の申請に否定的だった。

最終更新:5/29(水) 11:48
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事