ここから本文です

ジェジュン、横アリ公演生中継決定 日本のファンは「本当の家族みたい」

5/29(水) 11:00配信

オリコン

 韓国アーティストのジェジュンが6月19日に開催する『JAEJOONG ARENA TOUR 2019~Flawless Love~6・19 横浜アリーナ』が、BSスカパー!で午後5時30分より独占生中継されることが決定。これに先駆けて取材会に参加したジェジュンが、日本1stソロアルバム『Flawless Love』を引っさげ全国8都市16公演を行ってきたツアーの思い出や、「家族のよう」だという日本のファンへの想いを明した。

【写真】青髪でカメラをじっと見つめるジェジュン

■素顔とのギャップにファンから反響 ライブでは“切り替え”心がける

 ライブが日本で生中継されるのは自身初のこととあって「プレッシャーもある」と率直に明かす。「会場で聞く音響とかライブ感があるけど、ミスをしてもライブだから許せることもある。テレビで観ていると『あ、歌詞を間違えた』とか『リズムがずれている』とかわかりやすいので心配ではあるんですが…。ライブに来られない方のことを考えると、いいことなんじゃないか」と前向きに捉え、「ライブで僕が『一緒に歌って、踊って』という時、実際にテレビの前でみなさん、踊ったり歌ったりすれば、楽しみが倍になる」とおすすめした。

 アーティストとして多彩な才能を引き出しつつ、飾らない素顔も彼の魅力の一つ。MCトークも長いことで知られるが「わざと長くしようと思っているわけではない。短く喋って次の曲いきたいのに、みんなが『え~もう終わり?』ってなるんです。ライブなのにこれバラエティじゃないよって(笑)。みんなが喋ってほしいってなるから、僕も喋りたいけどネタがなくて、一人で黙っているとそれでもいいよって。画面の僕の顔を観ているだけでいいってお客さんの意思なんですよ。僕の意思じゃないです(笑)」と弁解。

 そんな屈託ない彼の素のキャラクターに惹かれる人は多く、SNSなどでも「『ギャップがあっていい』という話が多かった。たまに冷たいイメージなのに喋ると違うとか。人間味があるとか。面白いけど歌うとミュージシャンだねって。自分でいうのもなんですけど…(笑)」とその反響にうれしげ。一方で「困っているんですけど、ライブで面白い話をして次の曲が切ない、涙を流す曲だったりすると、ライブの流れは良くないです(笑)。スイッチのオン・オフがみなさんのおかげでできるようになった」と切り替えを心がけているという。

 また「大変な時を乗り越える方法」を問われると「理性的に自分のなかのスイッチオフができるように定めること。会場に来てくださるお客さんを見たら絶対に笑顔になるんです。ステージに上る前に落ち込むことがあって、100%、200%発散できないときょう来てくださったお客さんに申し訳ないと思う。頭の中に消しゴムがあるのかもしれない。一瞬で消します。バックステージでオープニングってLEDの後ろで待機しているので叫んでスイッチを変えますね」とどこまでも真摯さをみせた。

1/2ページ

最終更新:6/3(月) 0:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事