ここから本文です

みずみずしく強い甘みが特徴 蒜山高原の特産「ひるぜん大根」の出荷始まる 岡山・真庭市

5/29(水) 18:04配信

KSB瀬戸内海放送

 岡山県真庭市の蒜山高原の特産、「ひるぜん大根」の出荷が始まりました。

 蒜山高原は火山灰を含む「黒ボコ」と呼ばれる、軟らかい土と涼しい気候が大根作りに適しているとされています。春のひるぜん大根はみずみずしく、きめ細やかで甘みが強いのが特徴です。

 今年は春先の長雨や気温の低下により、種まきの時期が遅れ心配されましたが、例年並みの出荷となりました。29日は約1.2トンがJAまにわに運び込まれました。

 機械できれいに洗われた真っ白で艶のある大根は、等級ごとに分けて箱詰めしていきます。

 JAまにわによると12戸の農家が大根を育てていて、11月下旬までに例年より多い約1200トンを岡山や大阪、山陰の市場に出荷する見込みです。

最終更新:5/29(水) 19:02
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事