ここから本文です

サニブラウン全米制覇へ “高速コース”の恩恵で記録更新も

5/30(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 日本記録更新に加え、全米制覇の期待が高まっている。

 陸上男子短距離(100、200メートル)で、全米大学選手権(6月5日開幕=テキサス州オースティン)に出場するサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)。24日(日本時間25日)から行われた同選手権東部地区予選では100メートル(10秒13)、200メートル(20秒13=日本歴代3位)とも、まずまずのタイムで、初の本戦に駒を進めた。

 100メートルでは桐生祥秀(23=9秒98)に次ぐ、日本歴代2位の9秒99を持つサニブラウンは今大会、さらなる記録更新の可能性は十分にある。

 会場であるテキサス大学オースティン校のマイヤーズ・スタジアムの陸上トラックは記録が出やすいことで知られる。同州特有の乾燥帯のため、空気抵抗が少ない。ダルビッシュ(現カブス)が一昨年途中まで所属したレンジャーズの本拠地グローブライフ・パーク(アーリントン)で打球が飛びやすいのと同様、オースティンでも記録が伸びやすいのだ。

 さらに100メートルのコースはスタート地点からゴール地点に向かって風が抜ける設計が施されていることもスプリンターには、まさに追い風になるという。

 同スタジアムで過去に行われた大会では何度となく、好タイムが生まれている。04年の全米選手権では、後の世界選手権で3個の金メダルを獲得するアーカンソー大のタイソン・ゲイが、当時の大会記録となる10秒06をマークして優勝した。

 今季、NCAA(全米大学体育協会)の男子100メートルランキングは、テキサス工科大のディバイン・オデュデュル(9秒94=ナイジェリア)とヒューストン大のマリオ・バーク(バルバドス=9秒95)の留学生2人が上位に名を連ねている。

 トップと0.05秒差で追うサニブラウンは同じ留学生2人にも牽引され、桐生超えなるか。

最終更新:5/30(木) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事