ここから本文です

「なんでここに小田孔明?」1差3位の和田章太郎 2人で近隣練習場へ

5/30(木) 20:23配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 初日(30日)◇ザ・ロイヤル ゴルフクラブ(茨城県)◇8016yd(パー72)

Mr.MIZUNO

イン最終組の和田章太郎が6バーディ、2ボギーの「68」でプレー。4アンダーとして、日本人トップの3位で初日を終えた。午前組、午後組に分かれてのスタートとなる予選ラウンド。風の強くなった午後1時20分スタートだったが「午後のわりには吹いてなかったので、そこまで気にならなかった」と午後組のトップで終えた。

11番(パー3)で5mを沈め、バーディを先行。その後2つ落とし1オーバーでハーフターンしたが、バックナインに躍動した。1番で下りの5mを決め、2番ではエッジから20ydを直接カップインし2連続バーディとした。上りの3ホールもそれぞれバーディとしたが「一打一打に集中できていたので、終わってみて『あ、3連続だったんだ』という感じです」と振り返った。

3年前から練習や食事をともにする小田孔明と一緒に27日(月)に東京から移動し、近隣の練習場へ向かった。「球見てやるよ」と急きょ小田が同行することになったという。「練習場の周りのおじさんたちも『なんでここに小田孔明いるの?』みたいな感じでした」と笑う。

「構えたときに体がねじれていた。基本的な立ち方の部分だったり、ボールの見方だったり、試合前なのでがっつりは変えられないが、ほんのちょっとのことを修正してくれた」。1時間かけてじっくりスイングを見てもらい「いろいろアドバイスをもらって、それが良かったのかな」と話した。

「まだ4日間の1日が終わっただけ。3日目は(総距離が)8000ydを超えるかなと予想しているので、それまでになるべく貯金しておきたい。決勝ラウンドをいい位置でスタートできれば」と2日目に向けてギアを上げた。(茨城県鉾田市/柴田雄平)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事