ここから本文です

上皇ご夫妻、外務省職員に弔意 皇居で通訳、児童殺傷事件で犠牲

5/30(木) 11:12配信

共同通信

 宮内庁は30日、川崎市多摩区の児童殺傷事件で犠牲になった外務省職員の小山智史さんの妻に対し、上皇ご夫妻が29日に外務省事務次官を通じて弔意を伝えられた、と発表した。小山さんは、上皇さまの在位中に皇居の行事などでビルマ語の通訳を務めた。

 宮内庁によると、上皇ご夫妻は事件について大変心を痛めているという。

 小山さんは2013年と15年に計4回、ミャンマー大統領やミャンマー駐日大使との懇談などで通訳を務めた。

最終更新:5/30(木) 11:18
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事