ここから本文です

羽生善治九段、新記録なるか 史上最多1434勝かけ木村一基九段と対局中/将棋・竜王戦1組出場者決定戦

5/30(木) 10:10配信

AbemaTIMES

 将棋の羽生善治九段(48)が5月30日、竜王戦1組出場者決定戦で、木村一基九段(45)と午前10時から対局を開始した。羽生九段はこの対局に勝利すれば、通算1434勝となり歴代単独1位となる。

 羽生九段は23日に谷川浩司九段(57)との対局に勝利し、通算成績が1433勝590敗2持将棋(引き分け)に。故・大山康晴十五世名人と並び、通算勝利で歴代最多タイとなった。1985年12月、史上3人目となる中学生棋士としてプロデビューし、以降33年半でタイトル99期(歴代1位)、一般棋戦優勝45回(歴代1位)。さらに1996年には史上初となる七冠独占、2017年には永世七冠など、数々の記録を打ち立ててきた。

 羽生九段と木村九段との対戦は過去に47局あり、羽生九段の32勝、木村九段の15勝。 本局は、広瀬章人竜王(32)への挑戦権を争う本戦への出場をかけたもので、勝者は1組3位で本戦出場が決定。持ち時間は各5時間で、振り駒の結果、先手は木村九段。昼食、夕食で各40分の休憩があり、終局は夜になる見込み。この対局の模様は、AbemaTVと日本将棋連盟ライブ中継で配信されている。

最終更新:5/30(木) 10:10
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事