ここから本文です

U-20日本代表は2位でGL突破! PK失敗、田川&斉藤光が負傷交代もイタリアとドロー

5/30(木) 2:51配信

ゲキサカ

[5.29 U-20W杯グループB第3節 U-20日本代表 0-0 U-20イタリア代表]

 U-20日本代表は29日、U-20ワールドカップのグループリーグ第3戦でU-20イタリア代表と対戦し、0-0で引き分けた。勝ち点を「5」に伸ばした日本はグループリーグ2位通過を決めた。

 日本はFW西川潤(桐光学園高)、DF三國ケネディエブス(福岡)が大会初先発。継続して4-4-2を採用し、三國はセンターバックの一角に入り、西川は右サイドハーフ。左にMF山田康太(横浜FM)が入り、初戦と同じMF斉藤光毅(横浜FC)とFW田川亨介(FC東京)が2トップを形成した。一方、ターンオーバーを図ったイタリアは3-5-2の基本布陣ではなく、4-3-3を採用した。

 前半9分に目まぐるしく展開が動く。小林のバックパスがずれてゴール方向に転がり、あわやオウンゴールという窮地。ヒヤリとさせられたが、戻ったGK若原智哉(京都)が辛くもゴールライン手前で止めた。その直後にチャンスを迎え、DF東俊希(広島)のロングフィードからPA内左に走り込んだ田川がDFアレッサンドロ・ボンジョルノに倒され、PKを獲得した。

 キッカーはMF伊藤洋輝(名古屋)。絶好の先制機だったが、左足でゴール右下を狙ったシュートはコースを読んだGKマルコ・カルネセッキに止められてしまった。前半20分にはクリアボールが裏に流れると、田川がトップスピードで抜け出し、GKと1対1の局面。絶好のチャンスだったが、シュートはGKに阻まれ、さらにこのプレーで右太腿裏を傷めてしまう。

 田川は担架で運び出され、前半22分にFW中村敬斗(G大阪)を緊急投入。中村が斉藤と2トップを組んだ。ミスからカウンターを招き、徐々に流れを失う。その後は伊藤が強烈なミドルシュートを連発し、中村と入れ替わった西川がトップに上がったがスコアは動かず、0-0で後半に突入した。

 後半14分にはドリブルで仕掛けた斉藤光が倒され、PA右角付近でFKを獲得。キッカーの東が左足で直接狙ったが、シュートは壁に当たった。後半21分にはFWマルコ・オリビエリに突破を許し、PA内左からシュートを打たれたが、GK若原が冷静にセーブした。

 グループリーグ通過が決まっているイタリアはリスクをおかさないが、日本は再びアクシデントに見舞われる。後半31分に斉藤光が接触プレーで左肩付近を痛めたか、後半33分にDF鈴木冬一(湘南)と交代。そのまま0-0でタイムアップを迎え、日本はグループリーグ2位通過が決まった。

 

最終更新:5/30(木) 4:13
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事