ここから本文です

【安田記念】戸崎圭&アエロリット雪辱だ 鞍上もG1惜敗続き…ここで決める!

5/31(金) 6:00配信

デイリースポーツ

 「安田記念・G1」(6月2日、東京)

 関東のリーディングジョッキーがリベンジに燃えている。昨年と同様、アエロリットで臨む戸崎圭は“雪辱”の2文字を口にした。「昨年は2着だし、雪辱もある」。単純なように見えて、恐らく心に渦巻くものは深い。

 エポカドーロで制した昨年の皐月賞以降、G1の表彰台が遠い。今年に入ってからも、ダノンキングリーで挑んだ皐月賞は頭+鼻差3着。先週のダービーでも、大本命サートゥルナーリアを振り切りながら、その前にいた勝ち馬に首差競り負け2着。他にもグローリーヴェイズで首差2着の天皇賞・春、ヴィクトリアマイルでは、11番人気クロコスミアで3着…。

 アーモンドアイが抜けて強いのは、自身がよく分かっている。代打騎乗のシンザン記念で勝利に導いており、「背中を感じていますし、素晴らしい馬」と絶賛する。それでも、1年ぶりのコンビで挑む一戦には「流れに乗る。そこを大切にしていきたい。昨年2着の雪辱をしたい」と繰り返し、気持ちでは負けていない。モヤモヤした春からスカッとした夏へ。大物退治だ。

最終更新:5/31(金) 7:11
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事